HOME ダイビング初心者 はじめての方へ ダイビングCLUB-IS 会員の方へ 各種サービス・販売商品のご案内 ABOUT US・アイランダーについて 各種お問い合わせ・資料請求 東京渋谷のアイランダー青山
HOMEダイビング初心者これから始める方へ > ダイビングショップ・ダイビングスクールの選び方

ダイビングショップ・ダイビングスクールの選び方

海洋実習の開催について

プール講習を終わるといよいよ海洋講習です。実際に海で行う海洋実習は、コース中でもっとも楽しい部分です。
ここでは「プール講習で習ったスキルを海でも実践出来るか」を確かめることが目的で、それが終われば あとは水中で遊ぶだけなので、インストラクターのもとでダイビングを楽しめます。

海洋実習でのポイントはそのスケジュールです。
ダイバーになるために受ける講習は、4本の海洋実習です。
PADIでは、1日3本までの海洋実習が可能です。
1日3ダイブというスケジュールは海外旅行中に受ける場合に良く見受けられます。

例えば午前中プールダイビング、午後に海洋講習2ダイブ、そして翌日海洋実習2ダイブを行うと、 理論上は2日で水中でのトレーニングを終えることができます。 海外旅行は時間が限られているので、できるだけ短期間でCカードを取得してもらうとこのような スケジュールが組まれる場合があります。

理論上は可能でも、実際に半日でプール講習を終えるのはかなりハードです。

プール講習はコースの中で最も重要なところですので、そこを半日で講習を受けるのはのは相当困難です。

海洋実習が始まる頃にはバテバテになっていては楽しさも半減ですよね。
日本での講習では、プールダイブを一日かけて、海洋講習を1日2ダイブで2回行うのが最も一般的です。
これは多くのショップが参加者の体力的な負担や習得度を考え、ダイビングを楽しく そして疲れすぎず行える一般的なプランです。

講習とはいえ、海の中を楽しむにはなるべくスケジュールに余裕のある方がいいのです。


※挿絵の提供PADIジャパン