皆様こんにちはまえくみです
今週末はお店にいます
そろそろ暖かくなってきて、週末にお店にいるとなんだか落ち着きません
今、海いいです!綺麗です!暖かいです!
“春濁り”の始まる前に潜りに行きましょう

 3月13日(水)リクエストの芽!!
 3月17日(日)穏やかな海へ ※締切
 3月23日(土)じっくりのんびりフォトツアー
 3月25日(月)リクエストの芽!!
 3月30日(土)かるがもツアー ※残席1名様
 3月31日(日)旬な海へ ※残席たくさん
 4月  1日(月)リクエストの芽!!

申込(仮予約含む)
ツアーリクエスト!

ツアー名、もしくは開催日、ポイントリクエスト、他なんでも!

お名前(あだ名でもOK!)

それでは、昨日のフロムの続きをお届けします

私達ダイバーにとって、ウミガメはそんなに珍しいものではないけど、
やっぱり伊豆半島で見られるってことに価値があると思うのです!!
だってダイバーになったばかりの頃、伊豆でカメが見られるなんて思ってました?
もっと言うと、日帰りで潜りに行ける場所でカメが見られると思っていました?

もちろん、海外や沖縄に比べると個体数が少ないですから、潜る度に見られるという訳ではないですし、ポイントも限られますけど、だからこそ出会えた時の感動も一入です

カメの写真は全てサキちゃんより頂きました
まだ海草がどんどん成長してくるので、捜しにくくなってくるんでしょうねぇ

いったん水面に呼吸をしに出て、また戻ってきてくれたカメ

一段とコケが増えてきた感じがする
好むと好まざるとに関わらず海草に寄せてくるカメ(笑)

脅かさないように、そぉ~と近づく、そろぉ~り、そろぉ~り

後頭部にも、コケつけて、かっ、か、カワイイ
 
なんでしょうね、この可愛さ

コケを磨いてあげたいと毎回手が伸びかけるんですが、堪えています(笑)
そもそもカメにとって、苔がいいのか悪いのか分からないですしね
ペットのカメの苔は日光浴のため綺麗にしてあげた方が良いと聞きますが、野生のカメは、身を守るために保護色的な要素もあるかもしれませんものね

長く見られるように、マナーを守って接していきたいと思います

この子は、まだ若いですね(きっと)
長生きしてください!!

皆様、カメの寿命ご存知ですか?
野生のウミガメの寿命はまだはっきりとはわかっていないそうですが、甲羅の長さが60cmから90cmになるのに約23年かかった例や、30cmから75cmになるのに17年かかった例などが報告されていて、推定寿命はアオウミガメで70~80年位だそうです

へぇーーーー
想像以上に長生きだった


現在、最も長生きしているカメは、セーシェル諸島のバード島にすんでいる、アルダブラゾウガメで、年齢は200歳以上と推定されていて、現在生きている動物の中で、世界最長寿だそうです

では、最後に、ピカチュウウミウシを!
このウデフリツノザヤウミウシは、今まで見た中で、最もピカチュウぽかった!

か、か、かわいい~

Photo by Saki-san

Photo by minagawa-san


Photo by maekumi-san


何気にたくさんもってた

サキちゃんは、とにかくウミウシ沢山見つけてくれるし
ユミさんもミキコさんもレアなウミウシ発見してくれるし
ミナッチさんも、エビの脱皮や、カメや探してくれるし!!

楽しかったなぁ~

はっ!!
わたし、ガイドの仕事してないっ

ご参加頂いた皆様有難うございました!

全然タイミング合わなかった…

それでは、また明日
まえくみ


←アイランダーのfacebookページのいいねボタンです!押して下さいね!
▼この記事を読んだ感想にもっとも近いボタンを押してください!!
  (皆様の反応が知りたいです。よろしくお願いします。)


(500文字まで)

【名前orあだ名or無記名】







皆様こんばんはまえくみです
本日は、ツアー報告をお届けます

例年、この時期ですと東伊豆や神奈川が多いんですけど、今年は西伊豆ばっかり
そして、穏やかな「平沢」をチョイスすることが多くなっています
(富戸が改装工事に伴い3月末まで全面クローズという影響もありますが…)

じっくり写真を撮りたい!のんびり潜りたい!ゆっくりしたい!
海況の安定しない時期、荒れることの少ない平沢は本当に素晴らしいポイントです
施設も綺麗だし、ロケーション最高だし、潜れば潜るほど奥深い海中です


2月24日(日)平沢らららサンビーチ
最近のアイランダーは、平沢があついぞ!

1本目のエキジット間際に出ちゃったもんだから…
潜水時間は大きな声で言えないけど、、、90分
 
前回に続き、サキちゃんが可愛く写真におさめてくれました

何度も何度も言うけど、伊豆で見るカメは特別に可愛いんです
性格はのんびりやさん、顔つきも優しい

海中は、春らしく海草が成長してきました
数は増えているだろうに、ウミウシが探しにくくなりました…

それでもウミウシ目に長けている皆様だったので!
“ミツイラメラウミウシ” saki-chan

“ヒロウミウシ” saki-chan

“シロハナガサウミウシ” saki-chan

“コノハミドリガイ” saki-chan

“ミヤコウミウシ(赤ちゃん!)”  saki-chan

“ミヤコウミウシ(大人)”  saki-chan

そして!前回れい子さんだけが見たレアなウミウシ
“ハスエラタテジマウミウシ”が見れました
発見ユミさん、ありがとーー!  saki-chan

そしてそして、これまた珍しいウミウシをミキコさんが発見!
Mっちぃ!ウミウシだよ!(あー見たかったなぁ BY saki,yumi.kumi)minagawa-san

ハナショウジョウウミウシかと思われます 

初めてみました!何気にすごいですよね、この出会い!!ちょっと興奮
Mっちさん発見、脱皮直後のエビ saki-chan

クロスジギンポかわいい~ saki-chan

タツのいとこペア! saki-chan

ゼブラガニ小さかった~ minagawa

平沢は潜る度に新しい発見が多くて宝探しみたいで楽しい
90分もあっと言う間

ワイドだっていける!サザナミフグ元気! saki-chan

ソフトコーラルもビーチとは思えない大きさ! minagawa-san

群れだって! saki-chan
 
エントリーして直ぐの桟橋下 saki-chan
 
う~ん、かっこいい! saki-chan
 
さきちゃん写真綺麗すぎ! saki-chan

平沢見所大すぎ!!
やはり、2回目に続きます…

それでは、また
まえくみ


←アイランダーのfacebookページのいいねボタンです!押して下さいね!
▼この記事を読んだ感想にもっとも近いボタンを押してください!!
  (皆様の反応が知りたいです。よろしくお願いします。)


(500文字まで)

【名前orあだ名or無記名】







皆様こんばんはまえくみです
昨日のフロムでお伝えしたのですが、今年の冬は、本当に西風が吹きません
西高東低の気圧配置になりません…
東伊豆が荒れ気味なので、久しく東伊豆で潜ってない気がします
そして、お伝えした通り水温が高い!

3月も中旬で“ダンゴウオ”を見ていない年が過去にあっただろうか…
なんて考えながら、フロムを振り返ってみた

懐かしい写真もありますので、今はすっかりご無沙汰になってしまった方もお楽しみください

今年のスローガンは、“原点回帰”です
ブランクの方も、海戻ってきてくだーい

過去の3月8日プレイバック

2009年3月8日・浮島 透明度8m/水温14℃ 

この日のブログは、さすがは浮島!とウミウシが多くのっていました
ヒメイカ可愛いです

この日は皆でナマコを食べたみたいです

すげーーーー!┌|゜□゜;|┐ 鹿かよ!!…
って、コメントしてた(笑)

マリオさぁ~ん!シズカさぁ~ん!復活待ってますよぉ~
ゆみさん!今後とも宜しくお願いします!

2010年3月8日・安良里黄金崎公園 透明度15m/水温14℃

この日の海担当は、アキカさんとチーフだったようです(まぼろし!)
タツ、スイコウイカ、ウミウシなどが見られたようでした!

同じ角度!(笑)タツは撮影するのが難しいんですよね~

つがりーん!まぶちゃーん!今年お待ちしていますねー!

2014年3月8日・海洋公園(9日八幡野)透明度8m/水温14.2℃

下記写真は、雅さんの写真だということを大きな声で言っておこう!
まささぁ~ん!海が呼んでますよ~

カワイイ!!蛍光のイロカエルアンコウ!

ドアップ!この写真なんか好き!ベニカエルアンコウ

そして、この日は、一躍有名となったゴールデンヒラメも
密会中のハズバンド(ゴールデンヒラメの旦那さん(まえくみ説))

寂しく帰りをまっていた“ゴールデンヒラメ

アイランダーにご多幸をぉ~ぅぉ~

ちょっとビックリしました
1.2.3.4・・・6.7.8.9人っと!!

こっしーさん、まんちゃん、お元気でしょうか?(お引越しされた)
おーいおーい
まささん!えっちゃん!岩ちゃん!みゆきちゃん!潜り行きましょう!

サナエさんは、潜り初めそろそろですね!お待ちしています
亜矢さんは、再来週~!
コトローさんは、来週あたりから、怪我より完全(?)復活です!無敵!

いや~沢山いるなぁ~
でももう皆様は、10人でツアーには行ってくれないらしいデス
混雑イヤ、狭いのイヤ!
10人ならツアーキャンセルですって(笑)

2015年3月8日・安良里黄金崎公園 透明度8m/14.7℃

安定の安良里!マクロの宝庫

今年は(2019年)カエルアンコウが本当に少ないです
年々カエルアンコウが少なくなっている気がします
そのうち、激レアになってしまうかもしれませんよ!!

こちらはオオウミウマ

ハナタツ!

ちょっと、すごくないですか?
2010年にも、黒と赤のタツ!!
まさか同じ個体じゃないですよね??
まさかね…

りつこさんは、今月末ですね!
みなっちさんは、来週かな?


再び…まささぁーん!えっちゃーん!
そして、やいっちんぐ!!
今年はまた潜りに行きましょーーー♪

好評につき(勝手に)この「呼びかけ企画」続けていきます
次の登場は、あなたかもしれない

皆様、潜りに行きましょう!
今年のスローガンは、“原点回帰”です
アイランダーも、そして皆様も!!!

それでは、また明日
まえくみ


←アイランダーのfacebookページのいいねボタンです!押して下さいね!
▼この記事を読んだ感想にもっとも近いボタンを押してください!!
  (皆様の反応が知りたいです。よろしくお願いします。)


(500文字まで)

【名前orあだ名or無記名】







皆様こんばんはまえくみです
早速ですが、続きいってみましょう
2019年1月27日(日)寒さに負けずHOTな海!!in平沢らららサンビーチ


1月27日(土)平沢らららサンビーチPart.Ⅱ
カメ狙い!
伊豆で見るカメってなんでこんなに可愛いの!

ウミガメは、もう何回見ているか分からないけど…
伊豆で見るカメは、特別に可愛いんですよ
伊豆半島で見れるウミガメは、アオウミガメ

 

ちなみにダイバーが会えるカメは、主に3種
見分け方はまぁまぁ簡単ですので、この機会に覚えましょう

アオウミガメ
まず、何といっても顔が可愛い、優しそう!一番好き!
海藻を食べるベジタリアンですが、クラゲやトサカも食べるようです

(鹿児島県・奄美大島にて!)

何とも言えないかわいさ!

(東伊豆・川奈にて!)

もう、本当にかわいいなぁ!ずっと見ていても飽きない!

(東伊豆・川奈にて!)

目と目の間の■(甲羅の模様)が2つ(下のタイマイと比べてみて!)

(鹿児島県・屋久島にて!)

**********************************

タイマイ
ダイバーが会う機会が多い種
主食はガレキサンゴや岩などに生えたカイメン、クラゲも食べる

(フィリピン・バリカサグ島にて)

顔(口)がとがっているのが特徴

(タイ・ランタ島にて!)

目と目の間に4つの■

(タイ・ランタ島にて!)

***************************
アカウミガメ
3種の中では一番最も出会える機会が少ない種(私も、遭遇はたったの3回程)
貝類や甲殻類などの小動物を食べる肉食
他のカメに比べると迫力があって、ちょっと恐竜っぽい
ダイバーの中ではガメラと呼ばれたりもしている
頭が大きくて、ずんぐりした体、目と目の間の■は5枚
※写真見つからず…またの機会に!

伊豆で高確率でカメ!を狙うならば、何といっても川奈のカメですが、
最近では、平沢でも遭遇率もなかなかです(居ついてくれると嬉しいですね)
それでは、1月27日に遭遇した平沢のカメお届けします~
(ちなみに4日前にも平沢でカメを見ているんですが、その個体とは別個体だと思います
メチャメチャ可愛いので沢山お届けします

saki-chan有難うございます
かっ、かっ、カワイイぃ~(↓この前足たまらないぃ~)

Reiko-san有難うございます

minacchi-san  カメ発見!!

 

伊豆を潜るまで知らなかった
伊豆半島で、ウミガメに会えるんだぁ~
半信半疑だった

うん、本当に会えるんですよ
伊豆で会えるんです!!すごいですよね、伊豆で会えるんです!!
もちろん南の島に比べると出会える機会は少ないですけど、だからこそ会えた時の喜びは一入
そして、伊豆のカメは、贔屓目なしに特別かわいい(動きが可愛い!!)
カメ見たい!そんなリクエストも大歓迎です
(外したらゴメンナサイ)

ご参加頂いた皆様ありがとうございました!
初ファンダイブの愛ちゃんはドキドキだったようです
楽しかった!!とのこと、暖かく見守って下さって有難うございました(といのっちが言ってた)

それでは、また
まえくみ

**************************

 


おまけ (川奈にて)

この大きさにはビックリしたなぁ~


←アイランダーのfacebookページのいいねボタンです!押して下さいね!
▼この記事を読んだ感想にもっとも近いボタンを押してください!!
  (皆様の反応が知りたいです。よろしくお願いします。)


(500文字まで)

【名前orあだ名or無記名】







皆様こんばんはまえくみです

本日は、静岡県沼津市にある平沢に行ってきました
伊豆半島に新しくオープンしたダイビングポイントです!
そうお客様には未だにご案内してしまいますが、オープンは2015年だそうです

ここの魅力は、施設が綺麗!使いやすい!スタッフさんが優しい!
何が出るか分からない魅力的な海中と、広大なビーチエリア
他の海とはちょっと違う生物層で、未知の生物との遭遇を期待できる雰囲気
一見地味な海中なんですけどね…(スミマセン)
ですが、潜る度に新しい発見があって、潜れば潜るほど楽しくなるポイント
スルメポイントですね!

そして嬉しいことに、ここのポイントは、とにかく強い!荒れにくい!!
伊豆半島で最強かもしれません…

と言う訳で、これからも、どんどん潜りに行こうと思うポイントです


1月27日(日)平沢でウミウシウォッチング&カメ狙い!
本日の伊豆一穏やかなポイントへ出かけましたよの巻

本日は、潜り初めツアー!
ゆっくりのんびり潜りたいとのことで、海況優先です
初ファンダイビングの愛ちゃんも参加です

それでは、写真沢山お送りします
ウミウシシーズンとなってきましたので、本日はウミウシウォッチング

本日は、さきウミウシ隊長が居ますので、沢山のウミウシと出会えました
でも、まだ時期的に、まだ少し早かったかな…
どれもこれも、かなり小さい(2ミリ~1cmサイズ)

saki-chan

saki-chan 

saki-chan

saki-chan

saki-chan

saki-chan

saki-chan
 
本当に小さい…
目がしゅばしゅばします
でも、ウミウシ探しって楽しーー

こちらは、レイコさんしかみていない、レアなウミウシ
Reiko-san

こんな大きなウミウシを見逃すハズもないと思い、普通種かと思い呼ばなかった…とは本人弁

それが、簡単に見逃しちゃうんだなぁ~(笑)
ハスエラタテジマウミウシというウミウシだと思われます
なかなかお目にかかれないウミウシです

見たかったなぁ~

saki-chan   季節来遊魚も頑張ってます!カミソリウオ

saki-chan ガンガゼカクレエビ
 
saki-chan ゼブラガニ

 

1ダイブ目は、がっつりマクロ
2本目はワイドそして、カメーーー狙い!

saki-chan なかなの魚影!!

saki-chan 

saki-chan

minagawa-san  西エリアはソフトコーラルも見事です

minagawa-san  ヒメエダミドリイシにサザナミフグ! 

minagawa-san  素通りしちゃってますが、貴重な群生

そろそろ、見に行きませんか?

やっぱりカワイーーーや!
ウデフリツノザヤウミウシ(通称:ピカチュー)

Reiko-san

saki-chan

そして、このウミウシも初対面!
巨大すぎてびっくりした
saki-chan 

そして、泳ぎだした~!謎~!!!
このまま水面まで泳いで行ってしまいました
水面までのぼっていく姿がアオリイカのようで幻想的でした
もう少し、観察したかった…

勉強不足でスミマセン…
このウミウシの名前は、調べておきます!

あーーーーーーーーーー!
やっぱり、平沢は不思議な海
未知の生物との出会いは、ドキドキが止まりません!

楽しい海でした!!

あっ!!!カメね
明日に続きます…(引っ張る)

それでは、また明日
まえくみ


←アイランダーのfacebookページのいいねボタンです!押して下さいね!
▼この記事を読んだ感想にもっとも近いボタンを押してください!!
  (皆様の反応が知りたいです。よろしくお願いします。)


(500文字まで)

【名前orあだ名or無記名】







皆様こんばんはまえくみです

早速ですが、続きいってみましょう
2019年1月26日(土)大物天国&水中バードウォッチング!!in千葉館山・伊戸


1月26日(土)水中バードウォッチング!!
やっぱり伊戸の海は凄かった!!PartⅡ

こちらが、本日の主人公“空海”(くうかい) ※適当につけた 

ウミウ(海鵜、Phalacrocorax capillatus)は、カツオドリ目ウ科ウ属
全長84-92cm。翼開長133-152cm。体重2-3kg。
日本では、九州以北の海岸で局地的に繁殖し、繁殖地付近では留鳥として周年生息する。それ以外の海岸には越冬のため冬鳥として飛来し、南西諸島まで記録がある。

“空海”は、一直線に向かってくる

もちろん、こわい

だって、こんな口ばしですもん

とがってますやん

まわりをチョロチョロ

チョロチョロ

チョロチョロ

チョロチョロ

勇気を出して、魚を差し出してみた

お~手から直接受け取った
これ、ちょっと感動しますよ…

そして、振り向いてちゃんとお礼まで!(ホント)

やだーーー
かわいいじゃん!!!
空海ラブリぃーーーー

水面に浮上して、

息継ぎをして、またやってくる

狙いをつけて…

一直線に向かってくる

やっぱりこわい…

でも、かわいい

2ダイブ目は、“空海”の他にも数羽の海鵜たち

ロブさん、水中海鵜、見てみたいとおっしゃっていたので良かったです

あーーーーーーーーー楽しかった
楽しいーーー楽しいーーー楽しいぃーー
空海ありがとぉーーー

やっぱり鳥の口ばしはコワイ…(じゃ、あげなきゃいいんじゃ?)

水中で見る、海鵜の大きさや迫力は一見の価値あり
こんなに凄いポイントが、日帰りで行ける場所にあるんですから、本当に贅沢な話
海鵜が狙えるのは、3月いっぱいくらいでしょうか
やっぱり、寒さなんかに負けている場合じゃないんじゃない

西風強が吹きますと、伊戸は荒れます
あと、何回チャレンジ出来るか分かりませんが、今がチャンスです

この日は、6名でボート予約をし久しぶりの大人数(?)を楽しみにしていたんですが、前日に3名様のキャンセルが出てしまいました…(こればかりはしょうがないですし、当人様方が一番残念だと思いますが)

そんなこんなで、諸事情絡みまくりではありますが、近いうちにまた行きたいと思っています
というのはあくまで2次的要素でして、
この楽しい海を、是非皆様もご自分の目で見て頂きたいです
水中バードウォッチング、リクエストお待ちしています!!

本日の海鵜の写真は、全てみなっちさんより頂きました
有難うございました&お疲れ様でした!
 

皆様、体調崩さないようご自愛くださいませ…
それでは、また明日
まえくみ

************************************
3月10日、11日ツアーリクエストございましたら、お気軽にご連絡ください!!
9日のお天気(雪)次第と言う条件がついてしまいますが開催可能です


←アイランダーのfacebookページのいいねボタンです!押して下さいね!
▼この記事を読んだ感想にもっとも近いボタンを押してください!!
  (皆様の反応が知りたいです。よろしくお願いします。)


(500文字まで)

【名前orあだ名or無記名】







皆様こんばんはまえくみです

伊戸に行ってきました
今や、伊戸は、世界各国からダイバーが潜りに来る、日本を代表するポイントのひとつ
こんなに凄いポイントが、日帰りで直ぐに行ける場所にあるんですから、何とも贅沢な話

そして、今の時期は更に“海鵜”が狙えるって言うんだから、寒さなんかに負けている場合じゃない!!

こんなに大物と遊べる海、他にあるのかしら?

 


1月26日(土)水中バードウォッチング!!
やっぱり伊戸の海は凄かった!!の巻

ご存知、大物天国!千葉県館山伊戸
いよいよ(?)世界的にも有名になってきましたよ
いつ潜りに行っても、海外からのお客様がいらっしゃるような気がします
今のうちに潜っておかないと、予約が取れなくなっちゃうかもしれません

伊戸を潜るためには!
アドバンスダイバー以上
減圧不要限界(NDL)をしっかりと理解し管理出来る
ブランクなしが好ましい
流れがあっても頑張れるハートを持ち合わせている精神状態の日

ドチザメ、アカエイ、クエ、コブダイ、ヒゲダイ… maekumi

伊戸を潜るとこれが当たり前の光景っていうのが、凄すぎる maekumi

水深-23mから見上げる風景 maekumi

ダイバーって贅沢…と思える瞬間でもある maekumi

透明度まずまず!  minagawa-san

ダイバーのいない方、いない方へ(笑)minagawa-san

そして、サメ広場へ突入! minagawa-san

このスッチャカメッチャカ感が楽しい minagawa-san

もう何が何だか分からなくなる(注:襲われてない)minagawa-san

夢中で写真を撮るロブさんを激写シリーズ① maekumi

②ロブさん(日本人)  maekumi

③サメが突っ込んできてもお構いなしのロブさん(笑) maekumi

④バランスを崩しても撮~るロブさん  minagawa-san

やっぱり凄い
伊戸すごい
何度潜っても、この光景は感動する

でも、ここまでは想定内
こんなに凄くたって範疇の一つに過ぎない

 

今日は特別
この時期だけしか狙えない

水中バードウォッチング!!

この子が、めちゃめちぇ遊んでくれましてね
沢山の可愛い写真がありますので…
ここは、ひとつ別枠でお届けしますね

まだ元気いっぱいだった“クダゴンベ” maekumi

チェック柄が可愛いです maekumi

トサカにクダゴンベ、絵になる~ minagawa-san

お天気にも恵まれ最高のダイビング日和でした

それでは、本日はここまでで失礼致します

明日は定休日となります
木曜日は、水中バードウォッチングFROMお届けします

それでは、また
まえくみ


←アイランダーのfacebookページのいいねボタンです!押して下さいね!
▼この記事を読んだ感想にもっとも近いボタンを押してください!!
  (皆様の反応が知りたいです。よろしくお願いします。)


(500文字まで)

【名前orあだ名or無記名】







皆様こんばんはまえくみです

≪今週予定ツアー≫
23日(水)平沢2ビーチ
25日(金)リクエストの芽!(潜りに行けそうな方是非ご連絡ください!)
26日(土)伊戸または熱海2ボート
27日(日)旬な海へ

どの日程も残席たくさんです
海がいいから潜らないともったいないですよ~
他の日程もリクエスト大歓迎!お気軽にご連絡ください!

 

さてさて、本日は、ランタ島ツアー
ダイビングは本日から3日間です


2018年12月18日(火)~24日(月)タイ・クラビ7日間
『透明度復活なるか!?ドキドキの2日目』ダイビング編②

リゾートダイビングという点では、あまりにも残念すぎる透明度だった初日
2018年12月18日~24日タイ・ランタ島7日間Part.Ⅱ ダイビング編①

まぁ、透明度の良いアンダマン海ですから、昨日がたまたま悪い潮だったんです
今日のポイントは、タイで良く潜っていた方面(透明度良い)への遠征ですから、きっと大丈夫

ポイントは沈船です koba-san

いざ潜降~! koba-san

 

 


大丈夫じゃなかった…


グリーンだよぉ~ぉ~お koba-san

あまりにも暗くて近づくまで分からなった koba-san

すごい群れ(なんだけども!!) koba-san

1匹1匹が、大きいのです toyo-cha

群れの中に飛び込むと魚しか見えなくなる toyo-cha

本当に凄い量の魚!toyo-cha

半端ないです! toyo-cha

ここまでの量はちょっと見た事ないレベルかも! toyo-cha

伝わりにくいかもしれないんですけど、かなり大きい toyo-cha

このフグがめちぇめちぇ多くてですね toyo-cha

とぼけた顔して、群れの中に入ってくるのが、かなり可愛い toyo-cha

ヤバイ!私、このポイント好きかも… maekumi

かなり好きかも…  maekumi

透明度はね…いったん置いておいて… maekumi

私は、沈船に群れっていう光景が大好物なんだと気付いた… maekumi
 

透明度も気にならなくなってきた… maekumi

どう撮影すれば綺麗に写るか(少しでも)試しているのも楽しかった maekumi
  

本当に凄いんだってば! maekumi
 

いけすの中を潜っているのかと思う程 maekumi

うん!(大きな声では言えないけど)このポイント楽しかった~ koba-san  

大きな声で言ったら、ちょっと空気読めてないですよね~ってなります
やっぱり、リゾートは透明度ありきなんですよね

でも、大丈夫ですよ
明日は、いよいよ超有名人気ポイントのHin Deang, Hin Muangですから!
ここに潜るためにランタ島まで来たんですから!!
透明度、魚影、地形、ソフトコーラル、ジンベイ、マンタ!
今日は興奮して眠れないかも…

と言う訳で、最終日に期待しつつ、本日のダイビングしれっと終了

 

ホテルに戻ってシャワーを浴びたあと、女性陣は街に出てみましたよ

タイと言えば“トゥクトゥク”

もちろん吹っかけてきますので(笑)値段交渉してから乗ってくださいね!

帰りは、とよちゃちゃん交渉してくれて、豪華に車で帰って来れたよ!

さてさて、夕食行きましょう! koba-san  

ホテルから3分程度の距離にあるビーチ沿いのお店 koba-san

お料理はまた撮り忘れたけど、美味しかった!

南の島といえば、生ココナツジュース!

おやすみなさ~い

いよいよ、明日はダイビング最終日!
さてさて、どうなることやら…

それでは、また明日
まえくみ


←アイランダーのfacebookページのいいねボタンです!押して下さいね!
▼この記事を読んだ感想にもっとも近いボタンを押してください!!
  (皆様の反応が知りたいです。よろしくお願いします。)


(500文字まで)

【名前orあだ名or無記名】







皆様こんばんはまえくみです
アイランダーの皆様にも、注意報発令します

Iっちさんも、Eりなさんもインフルエンザ
お客様の中にも…相次ぐツアーキャンセル
安静にしてくださいね

皆様も、充分気を付けてお過ごしください

手洗い!うがい!
睡眠時間の確保!
栄養ある食事!
マスク予防!
ダイビング!

本日は、12月の潜り納めのツアー報告です


12月2日(日)アイランダー潜り納めツアー
「安良里・黄金崎公園2ビーチ」ワイドもマクロ!の巻

今年も、一番潜ったのは、この海かもしれない!
いつ潜っても期待を裏切らないポイント、行ってみましょー

今年ずいぶん長い期間楽しませてくれたダイちゃん
(今も、元気です!)

泳いでいるだけで気持ちいい海!
初ファンダイブとは思えない余裕の“ぐっさん”

あんなに手のかかる講習生だったのに…
“たまきさん”もうどこに出しても安心です(笑)

お持ち帰りしたい可愛さ…

1.5cmくらいかな…白のカエルアンコウは貝と見間違う

黒のカエルアンコウは、石と見間違う…

う~か、か、カワイイ…ミジンベニハゼと一緒で、フジツボや空き瓶が好きな“クロイシモチ”

透明⇒黄色⇒黒と成長とともに変化していく魚だと思っていましたが、どうも違うみたい…

**********************************************
ちなみにこちらは、天草で撮った写真なんですが、やっぱり黄色から黒に変化したように見えます
(実際に見ると、ちょっと金色っぽい)

でも、この個体は、成魚っぽかったし…(こちらも天草で撮影)

個人的にとても好きな魚で(とくにフォルムが)、口内飼育もしますし、色彩豊富ですし、魅力的!
ちょっと興味深い魚なので、追っていきたいと思います

*********************************************

安良里へ戻りまーす!


写真に撮って初めて分かる『あなた、赤だったんだぁ~』っていう位水中では地味色

オオウミウマ!タツ系の写真は、何故か孤独系に仕上がる

がーん…
Mっちさん色出てないよぉ~色が自慢の…ゴニョゴニョ
(ストロボが不調だったらしい)

賀正!(って字が…)(モデルぐっさん)

賀正!(モデルたまきさん)
 

年賀状用!(たまきさん)

2018年潜り納め(ぐっさん、たまきさん)無事終了~!
ありがとうございました



安良里の写真は全て、皆川さんより頂きました!

ありがとうございます

アジづくし~!!

それでは、また明後日
明日は不在です(まえくみ)
インフルエンザと戦っています(いのっち)

まえくみ


←アイランダーのfacebookページのいいねボタンです!押して下さいね!
▼この記事を読んだ感想にもっとも近いボタンを押してください!!
  (皆様の反応が知りたいです。よろしくお願いします。)


(500文字まで)

【名前orあだ名or無記名】







皆様こんにんはまえくみです
お正月ボケぬけましたか?

潜り初めして、しっかりと2019年のダイビングスタートきりましょう
水温16~17℃、透明度15m~良い海、継続中です!

≪予定ツアー≫
23日(水)は、平沢でウミウシを中心にマクロ! ※残席1名様
26日(土)は、ボートでワイド!(伊戸または熱海)※残席1名様
27日(日)旬な海へ!! ※残席4名様

他の日程もリクエスト大歓迎!お気軽にご連絡ください!

 

本日は、12月の潜り納めのツアー報告です


12月9日(日)アイランダー潜り納めツアー
「富戸・ヨコバマ2ビーチ」充実のマクロ!!の巻

3年ぶりのこの子に会いたくて…

クロクマ~ minagawa-san

クマドリカエルアンコウ
白や黄体色にに赤もようの入っているものや、黒に黄色の斑点が入るものなど、様々。和名は体の模様が歌舞伎の隈取りに似ていることに由来する。成魚は体調8センチ程で、体表にいぼ状の突起が出来る。

ご存知、ダイバーに大人気の魚
白いクマドリカエルアンコウを、ダイバーの間では通称「シロクマ」
黄のクマドリカエルアンコウを、「キクマ」
黒のクマドリカエルアンコウを、「クロクマ」と呼ぶ

今日のリクエストは、圧倒的に見る機会の少ない、クロクマ
minagawa-san 

クロクマは綺麗に写真に撮るのがかなり難しいので、伝わりにくいのですが、
黒に黄色のドットでブルーに光る鰭の先端と、かなり可愛いです


クロクマのエスカ(疑似餌)は赤くて目立つ、かわいい!
saki-chan

派手な体色が見れば見る程不思議“モンハナシャコ”
saki-chan
 

これもまた可愛く撮るのが難しい“ウミテング”
saki-chan

安定の可愛さ“ミナミハコフグ”の赤ちゃん、ダイバー通称“ナンパコ”
minagawa-san 

こちらは『海面と思っているでしょ?』って自信満々の“イロカエルアンコウ”成魚
minagawa-san 

絶対にバレてないって思ってる、いけてる!って思ってる
saki-chan

こちらは赤ちゃん!大きくなったら上のカエルアンコウのようになるのよね…
minagawa-san 
 

大きく開いた手(ヒレ)がかわいすぎる
saki-chan

今年の富戸は、“ミツボシクロスズメダイ”がめちゃめちゃ多かった
minagawa-san 

富戸のイソギンチャク畑って本当に素晴らしい景観
saki-chan


sakiのエビシリーズ photo by saki-chan

フリソデエビ

イソギンチャクカクレエビ大人

イソギンチャクカクレエビ赤ちゃん

イソギンチャクカザリエビ

イソギンチャクモエビ ダイバー通称“セクシーシュリンプ”

エビ好きのサキちゃんは、瞬殺でエビを見つけてくれる…
いつもありがと–!!

笑ってる!カワイーー “ニセクロスジギンポ”

う~ん楽しい海!いい海~


えみかさん!さきさん!みなっちさん!
2018年も有難うございました

それでは、また明日
まえくみ


←アイランダーのfacebookページのいいねボタンです!押して下さいね!
▼この記事を読んだ感想にもっとも近いボタンを押してください!!
  (皆様の反応が知りたいです。よろしくお願いします。)


(500文字まで)

【名前orあだ名or無記名】