こんばんは!
梅雨とは言え、雨が降るわけでも、気持ちよく晴れるわけでもなく、、
これが梅雨らしい天気でしたっけ??

今日は千葉県の伊戸、ドチザメツアー行ってきました!!
雨のレインボーブリッジ


海面下57Mです!


さきちゃんが持ってきてくれた金魚すくいという和菓子

以下水中はさきちゃんの提供でお送りします!


こけぎんぽラブ


やっぱコケギンポは可愛い

以下前田カメラ~


お~なんかよさげな雰囲気のお店ですね

ご飯も美味しそう~

途中で雨も上がり透明度20メートル
水温20度〜21度
一本目流れ少々

良い海でした!

ありがとう御座いました!!


←アイランダーのfacebookページのいいねボタンです!押して下さいね!
▼この記事を読んだ感想にもっとも近いボタンを押してください!!
  (皆様の反応が知りたいです。よろしくお願いします。)


(500文字まで)

【名前orあだ名or無記名】







本日は曇り、明日辺りから梅雨らしい天気になりそうですよ!

さて本日のダイビングショップアイランダーは泊まりで富戸アオリイカツアー一日目(明日は何処でしょうか?)行ってます。

アオリイカの産卵はすこぶる快調。
大ブレイク中です。

本日は通常ツアー2本+サンセットダイビングの計3本と気合が入っています。

3本やってお腹が空いたのでステーキ食べています。
いい感じですね。

それではまた明日!


←アイランダーのfacebookページのいいねボタンです!押して下さいね!
▼この記事を読んだ感想にもっとも近いボタンを押してください!!
  (皆様の反応が知りたいです。よろしくお願いします。)


(500文字まで)

【名前orあだ名or無記名】







まつぞうです。
こんばんは。

本日アイランダーは富戸アオリイカの産卵ダイビングツアーに行ってきました!
透明度も最高!
今日からアイランダーダイビングツアー4日連続開催で行います!

明日も富戸!
空き状況については是非ご確認下さい。


出たらハッピー花びらかっぱえびせん


出た!

写真提供あやさん↓

今日のベストショット
「未知との遭遇」

まつぞうでした!


←アイランダーのfacebookページのいいねボタンです!押して下さいね!
▼この記事を読んだ感想にもっとも近いボタンを押してください!!
  (皆様の反応が知りたいです。よろしくお願いします。)


(500文字まで)

【名前orあだ名or無記名】




アニバーサリーダイブ INリロアン




皆様こんばんはまえくみです

おめでとうございます

パレオ!!とてもお似合い

沢山潜って頂いてありがとうございます!! 

これからも沢山潜りに行きましょう

ちなみに皆様のポーズは、“ハンサムポーズ”と言って
フィリピンで男性が写真を撮るときに流行っているポーズだそうです


本日は、おめでとう写真で失礼致します

それでは、また明日
まえくみ


私の手違いでアニバーサリーケーキの手配が間に合いませんでした…ゴメンナサイ


←アイランダーのfacebookページのいいねボタンです!押して下さいね!
▼この記事を読んだ感想にもっとも近いボタンを押してください!!
  (皆様の反応が知りたいです。よろしくお願いします。)


(500文字まで)

【名前orあだ名or無記名】







様こんばんはまえくみです

雨がふると寒いですね
でも、青山店には何故か冷房が入っています…
暑かったり寒かったりの梅雨
皆様も体調管理には十分お気を付けくださいませ

本日は、ツアー報告をお届けします
少しだけ遡って、ときは、リロアン出発前の6月4日
前半戦最後のアオリイカの産卵狙いツアーです

それでは、早速いってみましょう

 

2017年6月4日(日) 
神奈川・江之浦2ビーチ
“濁ってたっていいじゃない!春なんだから!”

3週連続でアオリイカの産卵を狙い、江之浦にやってきました
残念ながら水色は維持出来ず、神奈川・伊豆半島全体、ちょっと透明度が落ちています

海岸線を走っていると目に入ってくる赤潮の海

赤潮とは、簡単に言えばプランクトンが水面近くで急激に繁殖したために水の色が変わって見える現象
ちなみに、赤潮を構成する植物プランクトンは、40種類ほど居ると言われているそうです
この時期に発生する赤潮は、いわゆる“夜光虫”のことです
(夜光虫が分からない方は、ナイトダイビングへGO-!)

目に見える赤潮は、ダイビングゾーンにまではなかったのですが、
まぁ、今日の海はとにかく見事なまでのグリーン


わたしは、この海の色を“伊豆グリーン”と呼ぶ

大きな声では言えませんが、実は大好きだったりする

今日は、半ば強制的とも言える“アオリイカの産卵講義”をじっくりと行い、
実に2ダイブとも全ての時間をアオリイカに費やしました
(お二人の食いつきがかなり良かったので…笑)


間の前で繰り広げられるノンフィクションドラマです
何度みても、新しい行動を発見出来ます
アオリイカの産卵は、飽きるというこがありません
「今の動きなに?偶然?必然?よくやる行動?なにやってるの?…」興味はつきません

グリーンな海ではありましたが、アオリイカの産卵は絶好調

フラッシュをたくと、こんな感じ

透明度悪いせいか、いつもよりじっくり観察できる

目が優しい…

考えれば考える程不思議なことがたくさん…

アオリイカの写真ばかりお送りしました(それしか見てないし…)
写真ではなく、生で、まだ見たことのない方は絶対に見て欲しいと思います

神奈川が一段落すると、今度は伊豆でアオリイカの産卵が始まります(というイメージ)
そろそろ、良い頃だと思います
狙う水温は、20℃前後!
7月の上旬までがねらい目です

「アオリイカの産卵みたい!!」リクエストお待ちしています
 

ちぃーさん、みきこさん、有難うございました

お昼は久しぶりに“いこい”さん(おやじさんが戻ってきました!)

それにしても、この日の渋滞はやばかったです(23時頃戻ってきました)
(東名高速で大きな事故がありました)
ちぃーさん、みきこさん、お疲れ様でした…

それでは、また明日
遅い時間に失礼しました…

まえくみ


←アイランダーのfacebookページのいいねボタンです!押して下さいね!
▼この記事を読んだ感想にもっとも近いボタンを押してください!!
  (皆様の反応が知りたいです。よろしくお願いします。)


(500文字まで)

【名前orあだ名or無記名】







皆様こんばんはまえくみです
昨日、リロアンより帰国しました

本日は、サラッとそのご報告です
(もちろん写真があつまりましたら改めてご報告します)

 

アイランダーではお馴染みのリロアンツアー
今年も行ってまいりました

6月7日成田空港発、マクタン(セブ島)空港行
今年は、8名で出発です

セブ市街からは、陸路でたっぷり4時間の旅ですが、それでもここまで来る価値がある!
毎回その思いを強くします
アイランダーのリロアンツアーにハズレはありません

リピーターチームのガイドは、ローカルのジョセス

初リロアンチームは、前回に続きガイドはさわちゃん!

初日はリロアン周辺でがっつりマクロ!!
リロアンのマクロ、これはもう言うまでもありません
(改めてご報告します)

夜風にふかれながら、最高に気持ちの良い

私にとっては(大袈裟でなくて)世界で一番好きなレストラン、どんな贅沢よりも贅沢な気がする

遠征したアポ島は、ギンガメアジが大当たりでした Photo by  kotoro

まわりには誰も居ない…
アイランダーご一行様貸切の贅沢な光景です  Photo by  kotoro

他のダイバー誰もいないって、これ本当にスゴイこと!

アポ島は、数年前の台風で莫大な被害を受けて珊瑚が壊滅状態でした
その珊瑚が復活するにはまだまだ時間がかかるけど、被害を免れた場所の珊瑚はとっても元気でした 
 Photo by  kotoro

透明度も良くて本当に気持ち良かった  Photo by  kotoro

そして、カメの多いこと多いこと!

 Photo by  kotoro

出発時こそ雨が心配されましたが…

どんどん回復してきて、アポ島到着時には快晴!

そして、最終日は終日、とてもいいお天気でした
(写真はまだ早い時間なので暗めですが・・)

海もこれ以上ないくらいベタ凪(左はガイドのさわちゃん

リピーターチーム!!

潜りまくりの!(3日間で13本)

フルーツ食べまくりの!

ビール飲みまくりの!

飲みまくりの!

毎日マッサージしまくりの!

あっという間の5日間でした

ご参加頂いた皆様ありがとうございました

お疲れ様でした!

リロアンツアーご報告は、なるべく早目にお届けします!
(ご参加頂いた皆様!データーお待ちしています)

 やっぱりリロアンは最高でした…
いま、11月にまた行こうか案が出ています
興味ある方、ご連絡ください!

それでは、また明日!
まえくみ

 


←アイランダーのfacebookページのいいねボタンです!押して下さいね!
▼この記事を読んだ感想にもっとも近いボタンを押してください!!
  (皆様の反応が知りたいです。よろしくお願いします。)


(500文字まで)

【名前orあだ名or無記名】







こんばんは。
まつぞうです。
梅雨入りとはいえ、今日は気持ちいい晴天です。

いつごろから気象庁の発表は
「えっと、今日くらいから梅雨入りしたんじゃないかなー」
みたいないかにも曖昧な発表になったんでしょうね。

昔はビシッと一本筋の通った梅雨入り宣言していて潔かったんですけどね。

なんとアイランダーフィリピンリロアンダイビングツアーでは天気は曇り。
晴れを願った儀式?が行われていた様です。


なんとなく写真が雨乞いのように見えていますが、晴れを願っているようです。


目的のアポ島はなんと晴れたようで、雨乞いの儀式が通じたようです。


く、暗い。


夕日の景色と共にナイトに出発します。


水深30cmで何を撮っていると思いますか?

答えはすぐ下!!

こいつです。
やっぱりこんなのがちょっと覗けば居るって所が海外リゾートですね!

まつぞうでした!
明日は暑いのかな?
皆様良い週末を~


←アイランダーのfacebookページのいいねボタンです!押して下さいね!
▼この記事を読んだ感想にもっとも近いボタンを押してください!!
  (皆様の反応が知りたいです。よろしくお願いします。)


(500文字まで)

【名前orあだ名or無記名】







陸上の写真ですが、異国情緒味わって下さいね~

関東甲信越、今日梅雨入りしましたね~
明日は傘をお忘れなく~

まつぞう


←アイランダーのfacebookページのいいねボタンです!押して下さいね!
▼この記事を読んだ感想にもっとも近いボタンを押してください!!
  (皆様の反応が知りたいです。よろしくお願いします。)


(500文字まで)

【名前orあだ名or無記名】







皆様こんにちはまえくみです
明日はツアーで、6日は終日外出で、7日からはセブ島で、やることは山積み残ってまして…
プチパニックです

本日のフロムはツアー報告をお送りしますが、そんな訳でサラッと失礼いたします
ご参加頂いたおふたりには、何の恨みもございません…

とても楽しい海でした
それでは、早速いってみましょう

2017年5月14日(日) 
西伊豆・安良里黄金崎公園ビーチ
“安定のマクロ!いつ潜っても楽しい海”

素敵な写真をお届けします!!
写真提供は、みなっちさんとタッフィーさんです

ちょうど良いサイズのイロカエルアンコウ Photo by みなっち

  ↓↓↓ 大あくび

カエルアンコウ人気は、このように表情が豊かだという要因もあるかと思います
ずーっと観察していて飽きない生物です
エスカ(疑似餌)を振り出したり、大きなアクビをしたり…
 

そもそも何でカエルアンコウは、大アクビをするのか?
色々な説があります 
・自分を大きくみせて威嚇する
・近寄るなと警告している
・口をあけて水を通すことでエラを洗っている
・ストレスを感じている
・人と同じで眠い
・獲物を捕らえるために、口を大きくあける練習をしている

ちなみに私は、最後の説を一番おしています
その根拠は!!
カエルアンコウは、魚類界でも捕食するスピードが最速だそうです
その速さは、なんでも0.01秒だとか!!
カエルアンコウといえども、普段から口をあける練習をしていなければ、いきなり大きく口をあけて、
瞬時に魚を丸のみに出来ないのではないかと勝手に考えています

毎日の練習が大事、、、、日々努力

アクビの瞬間は結構見られますが(練習だから!!)、捕食の瞬間に遭遇することはなかなかありません
エスカを振り出したら、皆様も狙って観察を続けてみてくださいね

こちらは、コブシメの卵!中には赤ちゃんが見えます
かなり粘って撮影していたミナガワ氏  Phtoto by みなっち

しっかりと見えますね!かわいい、、、

あえて、ハレーションをいれて撮ってみた(そう)ステキ☆

下の“ミジンベニハゼ”はブルーアイ、上のは、グリーンです! Phtoto by みなっち

仲良しなペア!このカップルは可愛かった! Phtoto by タッフィー

コトローさん曰く!「レアだぞ!」 Phtoto by タッフィー

ちなみに中層を泳いでた! Phtoto by みなっち

カエルアンコウの赤ちゃん!かわいすぎ! Phtoto by みなっち

超ーフサフサな“コケギンポ”  Phtoto by みなっち

擬態上手だけど、高確率でついている! Phtoto by タッフィー

かなり小さいウミウシですが、目立つので見つけやすい“ミツイラメリウミウシ”
黄色バージョン、白バージョンがいます
クリーム色バージョンもいるらしいのですが、私は見たことないかも(認識出来ないだけか!?)
Phtoto by タッフィー

久しぶりに出会った!“ホオジロゴマウミヘビ“通称パクパク
非常に警戒心の強いヘビで個体数の割には見れない気がします  Phtoto by みなっち

やっぱり安良里は楽しいです
地形は単純なのに!(失礼)生物の宝庫で、何本潜ってもあきません
あーーー潜りに行きたい、、、


それでは、本日はサラっとこの辺で失礼いたします

男性おふたりだったので、陸上での写真撮影を全く思い出しませんでした(笑)

かろうじて、思い出したので、パシャ!

タッフィーさん、みながわさん、有難うございました&お疲れ様でした!

5月14日(日)
安良里黄金崎公園ビーチ
曇りとか晴れ
ウネリちょびっと 
水温:17~18℃/透明度10~15m

 

それでは、また
(明日のフロムは土曜日のためお休みです)

まえくみ


←アイランダーのfacebookページのいいねボタンです!押して下さいね!
▼この記事を読んだ感想にもっとも近いボタンを押してください!!
  (皆様の反応が知りたいです。よろしくお願いします。)


(500文字まで)

【名前orあだ名or無記名】







皆様こんにちはまえくみです

早速ではございますが、昨日のフロムに続き、アオリイカです
本日の写真提供はサキちゃんです
有難うございます

 

それでは、早速いってみましょう


2017年5月21日(日) 
感動のアオリイカ産卵ショー IN江之浦Part.Ⅱ
   
 
アオリイカの産卵Show Time

    

Saki  Gallery 
360°アオリイカに囲まれる

江之浦の産卵床は高さがあって、上に下にと見応えがあった

アオリイカ は、地域によって呼び名が違います
バショウイカ、モイカ、ミズイカ、クツイカ…
ちなみに、天草は、“ミズイカ”です 

“シロイカ”と言う呼び名も、地域によってのアオリイカの呼び方だと思っていたんですが、
実はアオリイカは、「シロイカ」「アカイカ」「クワイカ」と3種に分けられるそうです
と言っても、水中での外見からの区別は不可能です(多分)


ですがっっ!!!!!
水中で見分ける方法があるそうです(このこと、つい最近知りました)
 
その方法は、たまご!

そう、たまごを観察する (写真提供 コトローさん)

その識別の仕方は、ズバリ!!
卵嚢の中に含まれる卵の数です

シロイカの卵は、平均5~6個、アカイカは8~9個だそうです
つまり、アカイカの卵の方が長いんですね!

でも、微妙すぎですね、数が…
平均ですし

 
 
産みたてのタマゴは、分かりにくいのですが、、、
だんだんと、エダマメのような形になっていきます(写真提供 TaniGさん)

卵鞘が、分かれてくると数えやすいですね!(以前に撮影したものです)

 

シロイカかな??
今度、しっかり数えてみよう

赤ちゃんが見えるようになると、はっきり数が分かりますね!
(以前に撮影したものです)

シロイカかアカイカ
そんなに重要??

あーーーーーーーそれを言ったらもともこうもありません

 

(写真提供 コトローさん)

卵が孵化するまでは、約25日~30日
ハッチアウトも狙っていきたいです

なんと!!!
メスは1シーズンの産卵で約1000個の卵鞘を産むそうです
1鞘6個の卵が入っているとすると、なんと6000個!!
すごい…

(写真提供 コトローさん)

それでも、生き残れるのは、ほんの一握り
そして、無事に生き延びて成長しても、イカの寿命は約1年…
儚き人生…

 

そんなことを考えながら、アオリイカの産卵をみてると、涙腺崩壊します

ただただ、美しさに感動します…

そして今回初めて、産卵も命がけだということを知った

今回の産卵で目撃した衝撃映像(動画は22日付のフロムにて公開中!)

 

何度見ても、新しい発見がある
何度でも何度でも、感動がある

私にとっては、アオリイカの産卵をみないと、
本格的なダイビングシーズンに入れない、、、という程、重要なシーズンです
ダンゴウオから、アオリイカへ…
水中で季節を感じる、、、初夏の風物詩

まだ見たことないって方は、是非一度見にきてくださいね!

 

 

そして、毎年見ている方も、是非、今年は、、、
この光景、一緒に狙いましょう!!

いま、私が一番狙っている行動パターンは、
 
産卵期、オスはメスの奪い合いで激しいバトルを繰り広げます
これは、アオリイカの産卵を見たことのある方なら知っている行動だと思います
 
驚くのはここからなんですが、
あるオスがいて、仮に自分の左側に意中のメス、自分の右側に宿敵のオスがいたとします
すると、そのオスは自分のカラダの色を右と左でまったく異なる色に変えることが出来るそうです
メスがいる左側は、優しい気持ちを表し、色を変えながら積極的に自分を相手にアピールし、
逆側は、オスに対して、真っ黒になり威嚇しながら、敵意を持っているという表現をするそうです
こんなとき、カラダ半分を境に、左右でまるっきり違う色を表現できるそうです

カラダ ハンブンズツ イロヲカエル!!
 
是非とも、
この行為を自分の目で確認したい


上のストライプ風がオス、下のドット風がメス(背中の模様で区別します)

オスとメスの区別がつくだけで、観察が楽しくなります!(左がオス、右がメスですね!)

生態を知るとアオリイカの産卵も一層楽しくなります!
もちろん、ただ見ているだけでも飽きないんですけどね!


ヤバイな~楽しいなぁ~
(写真提供コトローさん)

“アオリイカの産卵”みたい!!!
たくさんのリクエストお待ちしております

 

ご参加頂いた皆様ありがとうございました
 
2ダイブ時間にすると100分くらい、アオリイカに費やしました

 

ウミウシの多い江之浦だけど、時間が足りなくて本日は2種だけ(笑)
キイロウミコチョウ
 

ヒロウミウシ×3

ギンポもたくさんいますよ~

 
全身出ちゃってる、、、(笑)


う~ん…
今日も、いい一日だった!!!

=============
5月21日(日)江之浦ビーチ
穏やか!ベタ凪!快晴!
アオリイカ(大)爆発
まえくみカウンター アオリイカ66パイ

透明度:15m
水温17~18℃
=============

それでは、また土曜日にお会いしましょう
まえくみ

=========================
見れるときにみておいてくださいね!!
「今ですよ!いま!!」

5月28日(日)アオリイカの産卵狙いツアー
※残席沢山で困ってます
=========================

 
 

オマケ

帰りの車内で、ちょっとしたブームがおきました
コトローさんのトレーニング武器、これを回すのがなかなか難しい、、、

見本!!(回し方のレクチャーつき)

そして、私が!私が!と奪い合う車内…

 
ほほほーーー、余裕~
 
 
「う~ん、、、難しい」とサキちゃん

↓↓↓ 
分析(?)がすごいんですサキちゃん! 30分くらい(?)でクリアー
 
 
「うーん、、、良くわからない」とさなえさん

↓↓↓ 
「う~ん、、、うずかしい」

↓↓↓ 
「もうダメだ!!!!」あきらめた(いさぎよい)
 

そして、、、

「ぜんぜん、出来ないんですけどっ!!!!!」と玲子さん

自他ともに認める(?)負けず嫌いの玲子さん
がんばる、がんばる

もう、腱鞘炎(?)になるくらい頑張る
 

そして、なんと
この武器、コトローさんよりお買取り(笑)

 
 
車内にはしばし鈍い音が鳴り続いたのでした…
 
そして、その音が滑らかなリズム音へと変わるころ、、、
 

アイランダー号は、順調に首都高へと吸い込まれていくのでありました

 
出来た

満面の笑み
私の疲れもとんだ、、、
お疲れ様でした!!!
 
これ、結構いい運動になります
腕がかる~く筋肉痛、、、
 

←アイランダーのfacebookページのいいねボタンです!押して下さいね!
▼この記事を読んだ感想にもっとも近いボタンを押してください!!
  (皆様の反応が知りたいです。よろしくお願いします。)


(500文字まで)

【名前orあだ名or無記名】




  • カレンダー

    2017年6月
    « 5月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • メール通知設定

    Fromアイランダーが更新 されたらメールを受け取る 設定はこちら