今日はダイビングショップアイランダーオープンウォーター講習にふさわしい危険な海の生物編です。

何も言わずまずこの写真を見てみてください。


初級編です。
上の生物はなんて名前でしょうか?
え??岩にしか見えないですって!?
そんな方はOWからやり直して来いこのすっとこどっこいで御座います。

ちょっと遠めで見てみましょう。

分かりましたよね?
そうです、あの悪名高いオニカサゴです。

ここまではレベル1の問題です。
ドラゴンクエストならスライムを3ターン位で倒す程度ですね。

ですがこの写真、それだけではすまないんです。
まさにダイビングオープンウォーター講習危険な生物編として凄い教材なんです。

これ、よーく見てみましょう!
例のオニカサゴの肝心のひれの部分です。
何か違和感を感じた方素晴らしい!!

なんとオニカサゴのひれの裏にヒョウモンダコが擬態をしてくっついています。


くっついていたヒョウモンダコもオニカサゴから離すとこんな感じです。

伊豆や千葉の海でダイビングしていると見つかる危険な生物の中でもトップクラスの危ない奴が2匹一緒に居るなんて凄いですね。

ちなみにまつぞうがまだ若く、ダイビング本数6本くらいの頃、八丈島の底土港というポイントでこのヒョウモンダコを見つけました。

最初の印象
「なんて綺麗なたこなんだろう」でした。
そしてあろう事か、これを素手で捕まえました。
前のほうでダイビングしていた友人に見せようと思ったんです。

大事なプレゼントを守るように手に包んで、一生懸命前のほうまでフィンキックしたのを覚えています。
しかーし、5分くらい捕獲していたまつぞうはひょんな事でヒョウモンダコを逃がしてしまいました。

いやあ、無知って凄いですね。
あの時のヒョウモンダコさん、噛まないで居てくれて本当にありがとう!
あの時噛まれていたら僕の人生は大きく変わっていたと思います。
このブログもなかった事でしょう。

毒と言えば「ヒアリ」が世を賑わせていますが、あんな仮にも蟻という小物に刺されて死んでしまったら死ぬに死に切れませんね。
皆様気をつけてくださいね。


おまけに頂きましたまぐろのから揚げ

 

それではこの辺で。
急な天気の変動に注意ですよ~


アイランダー公式スマートフォンアプリダウンロードは上から↑

このエントリーをはてなブックマークに追加
facebookにシェアする
 

←アイランダーのfacebookページのいいねボタンです!押して下さいね!
▼この記事を読んだ感想にもっとも近いボタンを押してください!!
  (皆様の反応が知りたいです。よろしくお願いします。)


(500文字まで)

【名前orあだ名or無記名】


  • カレンダー

    2017年9月
    « 8月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • メール通知設定

    Fromアイランダーが更新 されたらメールを受け取る 設定はこちら