皆様こんばんは~ いのっちです。

 

本日も中高年ダイバーのつぶやきが始まりますよ~

私、潜降がなかなか出来なかったのはぜーんぶ器材のせいにして参りましたが
本日は、器材に凄く助けられてます・・・って話をしますね

助けて貰ってるのはドライフィンなんです。
ドライフィンがどんなものなのかは後でご説明しますね

その為には、私の体型の話は避けては通れません
私・・・立派な下半身デブなんですね
えぇーとか見えなーい思ってくださった方、ありがとうございます
でも事実でして、それを証明するような話があります。

私が小学生だった頃(昔過ぎますね)妹に「お姉ちゃん、この筆箱しっかり踏んでみて!!」って言われたんですね。
私は意味も分からず言われたままに踏んだんですよ。
妹は間髪を入れず「あぁ~本当だ~。象が踏んでも壊れない!!」って

何のことか分かった方もいるのかなぁ
分からない方の為にご説明しますと、昔 サンスター文具からアーム筆入れというポリカーボネイト(プラスチック)で出来た筆箱が流行ったんですよ
そのCMは本物の象に筆箱を踏ませて象が踏んでも壊れない!!

私が踏んでも壊れないことを妹が確認したのは、当時から象足と言われていたから

 

私の足は脂肪で浮力が高いんですね
ここでやっとドライフィンのお話です
私の使ってるのはこのフィンです
               
               
               

2つのフィンの重量比較

ソール部の比重を重くすることにより、重心位置が足首につけるアンクルウエイトより下方に。より安定した水中バランスがとれるようにしています。
※ 通常0.5kgのアンクルウエイトを使用している場合

 マンティスフィンとの比較

ブーツポケットが大きいため、着脱がより楽に行えます。アンクルウエイトが必要ない分、フィン自体に重量があります。よって脚力に自信がありより推進力を求めるダイバーにお薦めするフィンです。


私の足は浮力が強いので、重心が下にくることで潜降が楽になりました
ドライもウエットも同じフィンを使ってますよね? 私もそうでした。
でもドライの時は、なかなかフィンが履けなくて焦っちゃうんですよ~。
潜降前に汗を掻いて、体力も使って、呼吸が速くなってしまって

84本目に潜った時のログブックに「いのっちさん♪ アンクル、アンクル、アンクルウエイト忘れちゃ~や~よ~。」って
ドライフィンならアンクルウエイトがいらないので、もう大丈夫でっす

ドライフィンはブーツポケットが大きので着脱は楽です・・・が重い分の脚力は必要になるので、気になる方は試してからが良いですねっ
私のドライフィンで良ければ(24㎝~26㎝対応)使ってみてください

                 

本日も中高年ダイバーのつぶやきにお付き合い頂きまして、有難うございました
皆様が少しでも楽に楽しく潜れますように
明日はツアーに参加しますので、お休み頂きます。宜しくお願いします
それでは明後日~  いのっちでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                       


アイランダー公式スマートフォンアプリダウンロードは上から↑

このエントリーをはてなブックマークに追加
facebookにシェアする
 

←アイランダーのfacebookページのいいねボタンです!押して下さいね!
▼この記事を読んだ感想にもっとも近いボタンを押してください!!
  (皆様の反応が知りたいです。よろしくお願いします。)


(500文字まで)

【名前orあだ名or無記名】


  • カレンダー

    2018年9月
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • メール通知設定

    Fromアイランダーが更新 されたらメールを受け取る 設定はこちら