ダイビングフィンの劣化に纏わる考察




まつぞうです!こんばんは。
昨日は急な雨に降られて大変だった方も居たんではないでしょうか。
 
急に昼なのに真っ暗になって滝のような雨が降る。
そこに閃光と共に激しい落雷の音。
僕はこんな時に決まって、緊張と共に精神の高揚を感じます。
感覚が鋭くなると言うか、心地よいドキドキ感に包まれます。
 
僕らがまだ自然と共に暮らしていた頃、こういう天候の急変は命に関わる出来事であったかもしれません。
先祖代々から脈々と受け継いだこの血が、すぐに如何なる出来事にも備えられるよう身体が反応しているんですかね。
それとも僕だけなんですかね。
こういう天候の激変に気分が高揚するのは。
 
まあそれはそれとして。
明日はムシムシと暑く、夕方以降からは雨が降る予報ですよ。
夜遅くなる方は折りたたみの傘を持ち歩くと便利ですよ~
 
さて二つのフィンを見比べてみてください。
元々は真っ白なフィンだったんですよ。
これはいわゆるビフォーアフターです。
 
前田がかなり前にTVのロケで中国の浙江省杭州にある千島湖にフィンを片方落としてしまったんです。
そこで落としてしまったフィンと同じものを新しくおろして一個は冷暗所に大切に保存しておいたものです。
 
びっくりですよね。
こんなに色が変わってしまうとは。
多分3~4年経っているでしょうか。
 
そういえばその昔僕がパプアニューギニアに行ったときに遠い異国の地から未知のカビを持ち帰ってしまいまして。
そのカビはゴムやらシリコンが大好きで、いくら洗おうが擦ろうがダイビング器材のゴムやシリコンの使われている部分が真っ黒になると言う恐ろしいカビでした。
一緒に入れておいた無事だったフィンも一ヶ月も一緒に入れておくと真っ黒になります。
 
カビも恐ろしいですが、同じ日におろしたフィンがこんなにも色が変わってしまうなんて。
驚きですよね。
 
表も見てみましょうか。
まるで元から違う色を買った位になるんですね。
 
フィンって使わないとこんなに色が劣化するんですね。
、、、
もう一度言いましょうか。
フィンって使わないとこんなに色が劣化するんですね。
そうなんです。
クリーム色に近いほう、大切に使わず冷暗所に保存していたほうです。
2度びっくりって感じですよね。
 
まつぞうでした。

←アイランダーのfacebookページのいいねボタンです!押して下さいね!
▼この記事を読んだ感想にもっとも近いボタンを押してください!!
  (皆様の反応が知りたいです。よろしくお願いします。)


(500文字まで)

【名前orあだ名or無記名】







皆様こんにちはまえくみです
明日はツアーで、6日は終日外出で、7日からはセブ島で、やることは山積み残ってまして…
プチパニックです

本日のフロムはツアー報告をお送りしますが、そんな訳でサラッと失礼いたします
ご参加頂いたおふたりには、何の恨みもございません…

とても楽しい海でした
それでは、早速いってみましょう

2017年5月14日(日) 
西伊豆・安良里黄金崎公園ビーチ
“安定のマクロ!いつ潜っても楽しい海”

素敵な写真をお届けします!!
写真提供は、みなっちさんとタッフィーさんです

ちょうど良いサイズのイロカエルアンコウ Photo by みなっち

  ↓↓↓ 大あくび

カエルアンコウ人気は、このように表情が豊かだという要因もあるかと思います
ずーっと観察していて飽きない生物です
エスカ(疑似餌)を振り出したり、大きなアクビをしたり…
 

そもそも何でカエルアンコウは、大アクビをするのか?
色々な説があります 
・自分を大きくみせて威嚇する
・近寄るなと警告している
・口をあけて水を通すことでエラを洗っている
・ストレスを感じている
・人と同じで眠い
・獲物を捕らえるために、口を大きくあける練習をしている

ちなみに私は、最後の説を一番おしています
その根拠は!!
カエルアンコウは、魚類界でも捕食するスピードが最速だそうです
その速さは、なんでも0.01秒だとか!!
カエルアンコウといえども、普段から口をあける練習をしていなければ、いきなり大きく口をあけて、
瞬時に魚を丸のみに出来ないのではないかと勝手に考えています

毎日の練習が大事、、、、日々努力

アクビの瞬間は結構見られますが(練習だから!!)、捕食の瞬間に遭遇することはなかなかありません
エスカを振り出したら、皆様も狙って観察を続けてみてくださいね

こちらは、コブシメの卵!中には赤ちゃんが見えます
かなり粘って撮影していたミナガワ氏  Phtoto by みなっち

しっかりと見えますね!かわいい、、、

あえて、ハレーションをいれて撮ってみた(そう)ステキ☆

下の“ミジンベニハゼ”はブルーアイ、上のは、グリーンです! Phtoto by みなっち

仲良しなペア!このカップルは可愛かった! Phtoto by タッフィー

コトローさん曰く!「レアだぞ!」 Phtoto by タッフィー

ちなみに中層を泳いでた! Phtoto by みなっち

カエルアンコウの赤ちゃん!かわいすぎ! Phtoto by みなっち

超ーフサフサな“コケギンポ”  Phtoto by みなっち

擬態上手だけど、高確率でついている! Phtoto by タッフィー

かなり小さいウミウシですが、目立つので見つけやすい“ミツイラメリウミウシ”
黄色バージョン、白バージョンがいます
クリーム色バージョンもいるらしいのですが、私は見たことないかも(認識出来ないだけか!?)
Phtoto by タッフィー

久しぶりに出会った!“ホオジロゴマウミヘビ“通称パクパク
非常に警戒心の強いヘビで個体数の割には見れない気がします  Phtoto by みなっち

やっぱり安良里は楽しいです
地形は単純なのに!(失礼)生物の宝庫で、何本潜ってもあきません
あーーー潜りに行きたい、、、


それでは、本日はサラっとこの辺で失礼いたします

男性おふたりだったので、陸上での写真撮影を全く思い出しませんでした(笑)

かろうじて、思い出したので、パシャ!

タッフィーさん、みながわさん、有難うございました&お疲れ様でした!

5月14日(日)
安良里黄金崎公園ビーチ
曇りとか晴れ
ウネリちょびっと 
水温:17~18℃/透明度10~15m

 

それでは、また
(明日のフロムは土曜日のためお休みです)

まえくみ


←アイランダーのfacebookページのいいねボタンです!押して下さいね!
▼この記事を読んだ感想にもっとも近いボタンを押してください!!
  (皆様の反応が知りたいです。よろしくお願いします。)


(500文字まで)

【名前orあだ名or無記名】







皆様いかがお過ごしですかまえくみです

6月にはいりましたね…
そろそろ夏の気配が感じられる6月(梅雨がありますけどね…)
毎年、この時期になると、お声をかけていただく

「まえくみさーん!ミノカサゴスイムやりたい」
「そろそろ復活したいです!」
「ブランクが空きすぎてしまったので、まずはプール行きたいんですけど…」
「いきなり海に行くの、ちょっとこわいんですけど…」
「海の水温上げて欲しいんですけど…」

もちろん、ブランクってあかないに越したことはなくて、
皆様もそんなことは百も承知二百も合点だと思いますが、そううまくもいかない事も多いですよね
お仕事のこと、カラダのこと、家族のこと、状況、体調、とりまく環境の変化
そしてアイランダー側の問題や、タイミング…

様々な要因があって、「気が付いたら前回潜ってからだいぶ期間があいてしまった…」という
意図としていなくても“結果的にそうなったしまった”という状況に陥りやすいもの

ダイビングって、他のスポーツとはまた少し違って、
期間があいてしまうと、不安要素が勝手に芽をだし、足が遠のいてしまいやすい
また潜りたい気持ちはあるんだけど、なにからスタートして良いのか分からない
それこそ、“復活のタイミングがつかめない“


そういった方にこそ、是非、「ミノカサゴスイム」に参加して欲しいと思っています
無重力という他では味わえない特別な空間の中で、ダイビングの魅力を思い出して欲しいです
せっかく始めたダイビングですから、継続して欲しいと思います…

ミノカサゴスイムは!!
ブランクがあいてしまった方、
いきなり海にいくのはちょっと不安と言う方、
ブランクはあいてないけど、伸び悩んでいる方、
何かしらの不安要素をかかえたまま海に潜っている方、
スキルアップしたい方、
暑いので、とにかく水につかりたい方、

ダイバーになった後に潜るプールダイブは、すべてのダイバーにオススメです!


ミノカサゴスイムのキャッチフレーズ

 
目指すはミノカサゴのようなホバリング
宇宙にはいけないけど、無重力の世界へ行ける
中性浮力は、全てのダイビングに通づる武器である


 
ダイバーになったあと、ダイビングプールに行く機会はほとんどありません
ですが、海でダイビングを経験をした後に行くプールにこそ価値があると思っています

もちろん、オープン講習でのプール実習経験は大変有意義なものだったと思いますが、
覚えることも多すぎて『プールで遊んだ』という感想からは程遠いものであったと思います

プールという比較的ストレスのかからない水中に今の知識、経験をもって入れば、
それは、今後のダイビングにきっと役立つものになるはずです

中性浮力の近道はあるようでありません
コツをつかみ呼吸を意識して練習することが大切です

スキルアップするのに、プールほど最適なフィールドはありません

=====================
 
常使用しているダイビングプールは水深5Mです
実は、この5Mという水深がキモで、非常に難しく安定しない水深でもあります

こういう経験ありませんか?
「とっても安定して泳いでいたのに、安全停止辺りから何となくストレスを感じる」
「浅場に来て一気に浮いてしまった」

空気の膨張率の変動をグラフにすると水深30Mから20Mまで移動したときの空気の容積の変異差は、
4気圧から3気圧になる程度です
ところが、10Mから海抜0Mつまり水面までは2気圧から1気圧になります(単純に倍です)
BCに10個空気が入っていたら水面では20個分になります
ほっとくとBCや肺の空気は倍に膨らんでしまう
こうなると深い所よりずっと繊細で細やかな操作を瞬時にしなければなりません
この圧力差が大きい水深で、集中して練習できるのがプールの強みです 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 
 
ミノカサゴスイムはこんな方におすすめです!!
いつも高いストレスをかかえながらダイビングしている
ダイビング本数をかさねても、やっぱりマスククリアーが苦手
中性浮力のコツが全く分らない、イマイチうまくいかない
マスク内に水が入りまくる
いつもダイビング後は、顎がいたい
ダイビング自体が疲れる
水が少し苦手、少しコワい
エアーの消費が早いと思う
本当の適正ウエイトというものを知りたい
ボートからのエントリーをかっこよく決めたい
潜降をもっとスムーズに行いたい
水中でのドキドキ、バクバクが異常だ
自分は中性浮力を、もう極めたと思う
試してみたいワザがある
窓から馬がみてみたい
オープン講習でやったスキルの記憶がない
プール講習をやっていない(海だった)
プール講習をやったかどうか覚えていない
プールが好きだ
海はまだ寒そうなので、とりあえず温水プール潜りたい
バブルリングっていうやつ練習したい
 
 
 

ダイビングプールの水中には、大きな鏡が設置されています

まずは、その鏡の前にすわり、自分の顔をよ~くチェックしてみてください
豚鼻になっていませんか?

目が細くつりあがっていませんか?
髪の毛がマスクにはさまっていませんか?
マスクのシリコンが餃子の皮みたいになっていませんか?
スノーケルの位置は合っていますか? 
ここをチェック
多くの方が、マスクストラップを締めすぎる傾向にあります
マスクに関するストレスは、この際、この機会に解決しましょう!

そして次に、上半身をチェックしてみてください
BCDはきちんと着用出来ていますか?
正しい位置にウエイトがありますか?
手元を見ないで、どこに何があるか分かりますか?
ドライスーツ中圧ホース、BCD中圧ホースが水中で外せますか?
オクトパス、ゲージはホールドされていて、ブラブラしていませんか? 
ここをチェック
インフレーターを探していて、スノーケルをつかんでいます
目をつぶっても、BCDのインフレーターに手がいくようにしましょう! 

カッコイイ自分になったら、鏡を見ながら泳いでみましょう
流線型になっていますか?
ずっとフィンキックしていませんか? 
ここをチェック
かがみを見て泳げは、一発で問題点が分かります
正しい姿勢と目線を心がけ、視野を広げて泳ぎましょう!
 
 

私、無性にダイビングプールに入りたくなる時があります
ただの水中空間は、私にとって最高の癒しのひとつ、パワースポットです

ダイビングプールの水底で目をつぶって、水にとけこむ
イメージしてみてください
こんなに気持ちの良い空間が他にあるのでしょうか。。。

究極を言えば、何の練習もしなくたっていい
水中の中で全身の力を抜いてリラックスする、水に慣れる
そう、それが、何よりも上達の秘訣だったりもしますから、、、

ただただ、水中でぼぉーーとしたいという方にもおすすめです
 

水中で眠れるくらいリラックス出来たらすごいよね(眠れないから!)

窓から見えるウマをひたすら眺めているのもいい

コトローさんのバブルリングキレー(この中キレイにくぐりたい!)

マエクミさんのバブルリングふとめー(芸術性ゼロ!)

なんでも自由にためせるのがプール
本格的なダイビングシーズンに入る前に、是非プールダイブを!

まずは、お気軽に日程リクエストください!!


それでは、また(金曜日は定休日となりフロムもお休みです)
まえくみ

 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

6月4日(日)前半戦ラスト!“アオリイカの産卵”狙い
開催の危機かろうじて脱出!!残席たくさんありすぎツアー

急なお申込も大歓迎です、ご連絡ください


←アイランダーのfacebookページのいいねボタンです!押して下さいね!
▼この記事を読んだ感想にもっとも近いボタンを押してください!!
  (皆様の反応が知りたいです。よろしくお願いします。)


(500文字まで)

【名前orあだ名or無記名】







皆様こんにちはまえくみです

誠に勝手ながら、本日(5/31)は臨時休業とさせて頂いております
ご用の方は、メールまたは携帯までご連絡ください
ご不便お掛けいたしますが、何卒宜しくお願い致します

私は、今、松井とともに千葉におります
お仕事です

明日は通常営業となりますので、宜しくお願いいたします
フロムもお届けします!!

まえくみ


←アイランダーのfacebookページのいいねボタンです!押して下さいね!
▼この記事を読んだ感想にもっとも近いボタンを押してください!!
  (皆様の反応が知りたいです。よろしくお願いします。)


(500文字まで)

【名前orあだ名or無記名】







皆様こんにちはまえくみです

誠に勝手ながら、本日(5/30)、明日(5/31)は、臨時休業とさせて頂きます
ご用の方は、メールまたは携帯までお気軽にご連絡ください
ご不便お掛けいたしますが、何卒宜しくお願い致します


decomiele3910
 
 
水温上がってきました
ウエットスーツのダイバーも増えてきましたよ!
アイランダーツアーでは、今年、最初のウエットスーツの方のツアー参加は、先週日曜日でした
寒くないよ~」とおっしゃっていました

さぁさぁ、夏の準備しましょうー
ベストシーズンに備えましょうー

今年の梅雨明けまえくみ予想は、 ズバリ!6月6日です
 
尚、『アイランダーツアー統計アオリイカの産卵データー』によりますと、
アオリイカの産卵行動に限って言えば、雨は降らないに越したことはありません!
大フィーバーの日は、必ず晴れていました

となると、今週末あたりでアオリイカ産卵狙いもひと段落するかも!
カモシレマセン!!


いま、潜り行きましょう

一期一会…
今年の出会いは今年だけ…
 

 ************************

6月  4日(日)アオリイカの産卵狙いツアー
6月  7日(水)~11日(日)フィリピンセブ島リロアン5日間 
6月23日(金)旬な海へ (残席1名様)
6月24日(土)~25日(日)富戸2ビーチ+ナイトトラップ&どこか
6月28日(水)伊戸2ボート(残席2名様)

私事ですが、6月の3週目に一時帰省させて頂くかもしれません…
その関係上、17日、18日のツアー開催が出来ません
勝手を申し上げまして誠に申し訳ございませんが、何卒宜しくお願い致します

 

◆その他の日程リクエストお気軽にお寄せください
◆芽が出ているツアー、是非ご検討ください!!

◆平日ツアーリクエスト大歓迎です
◆ステップアップコース日程、お気軽にお問合せください
◆日帰りツアーは2名様より開催いたします(宿泊3名様より)

decomiele3910

 

6月7日(水)~11日(日)5日間
フィリピン・セブ島リロアン 
※締切 有難うござました!

7月8日(水)~12日(水)5日間
沖縄・伊平屋島
7月の伊平屋は大潮狙い!なにかが起こる!?
※締切 キャンセル待ち受付中

9月シルバーウイーク4日間または5日間
沖縄・伊平屋島
シルバーウィーク周辺日程
ご希望ございましたらお知らせください!!
まもなく日程確定します
※残席2名様

12月
インドネシア・バリ島ヌサペニダ5日間

2018年3月
フィリピン!ジュゴンに会いに行きます!!


日帰りツアー・宿泊ツアー・リゾートツアー

お申込を心よりお待ちしています!!

≪リクエストの声を頂いているリゾートツアー≫
三宅島&御蔵島 ドルフィンツアー
神子元島 ハンマーヘッドツアー
お盆ツアー
富山滑川 “未知の生物”との出会いを求めてツアー

 

それでは、また
(次回のフロムは、6月1日にお送りいたします)

まえくみ

今年初のウエットスーツダイバーは、ハチさん!(5月28日IN江之浦)


←アイランダーのfacebookページのいいねボタンです!押して下さいね!
▼この記事を読んだ感想にもっとも近いボタンを押してください!!
  (皆様の反応が知りたいです。よろしくお願いします。)


(500文字まで)

【名前orあだ名or無記名】







皆様こんばんはまえくみです

誠に勝手ながら、明日(5/30)、明後日(5/31)は、臨時休業とさせて頂きます
ご用の方は、メールまたは携帯までお気軽にご連絡ください
ご不便お掛けいたしますが、何卒宜しくお願い致します


decomiele3910
 
6月になりますよ
一年の半分ですよ!!
梅雨がやってきますよ

既に沖縄・奄美大島は梅雨入りしています
今年の梅雨入りは、ほぼ平年通りのようですね
となると、東海、関東も6月8日あたりが梅雨入りでしょうか??
 

あえて!まえくみの梅雨入り勝手に予想
ズバリ!6月6日です

 
尚、『アイランダーツアー統計アオリイカの産卵データー』によりますと、
アオリイカの産卵行動に限って言えば、雨は降らないに越したことはありません!
大フィーバーの日は、必ず晴れていました

となると、今週末あたりでアオリイカ産卵狙いもひと段落するかも!
カモシレマセン!!


いま、潜り行きましょう

一期一会…
今年の出会いは今年だけ…
 

 ************************

6月  4日(日)アオリイカの産卵狙いツアー
6月  7日(水)~11日(日)フィリピンセブ島リロアン5日間 
6月23日(金)旬な海へ (残席1名様)
6月24日(土)~25日(日)富戸2ビーチ+ナイトトラップ&どこか
6月28日(水)伊戸2ボート(残席2名様)

私事ですが、6月の3週目に一時帰省させて頂くかもしれません…
その関係上、17日、18日のツアー開催が出来ません
勝手を申し上げまして誠に申し訳ございませんが、何卒宜しくお願い致します

 

◆その他の日程リクエストお気軽にお寄せください
◆芽が出ているツアー、是非ご検討ください!!

◆平日ツアーリクエスト大歓迎です
◆ステップアップコース日程、お気軽にお問合せください
◆日帰りツアーは2名様より開催いたします(宿泊3名様より)

decomiele3910

 

6月7日(水)~11日(日)5日間
フィリピン・セブ島リロアン 
※締切 有難うござました!

7月8日(水)~12日(水)5日間
沖縄・伊平屋島
7月の伊平屋は大潮狙い!なにかが起こる!?
※締切 キャンセル待ち受付中

9月シルバーウイーク4日間または5日間
沖縄・伊平屋島
シルバーウィーク周辺日程
ご希望ございましたらお知らせください!!
まもなく日程確定します
※残席2名様

12月
インドネシア・バリ島ヌサペニダ5日間

2018年3月
フィリピン!ジュゴンに会いに行きます!!


日帰りツアー・宿泊ツアー・リゾートツアー

お申込を心よりお待ちしています!!

≪リクエストの声を頂いているリゾートツアー≫
三宅島&御蔵島 ドルフィンツアー
神子元島 ハンマーヘッドツアー
お盆ツアー
富山滑川 “未知の生物”との出会いを求めてツアー

 

それでは、また
(次回のフロムは、6月1日にお送りいたします)

まえくみ

 

PS.
意表をついて好評頂きました
くーちゃん帰省中のとある日 “高菜を漬けるまで”の巻
多くのコメントありがとうございます、嬉しかったです
ツアー報告より多かった(笑)
調子にのって、次回は“更地を畑にするまで”の巻お送りします

 


←アイランダーのfacebookページのいいねボタンです!押して下さいね!
▼この記事を読んだ感想にもっとも近いボタンを押してください!!
  (皆様の反応が知りたいです。よろしくお願いします。)


(500文字まで)

【名前orあだ名or無記名】







皆様こんにちはまえくみです
ひっそりとしている青山店です(週末は、人通りがめっきりなくなります)

本日は、和みネタです
サラッと、どうでもいいネタ入れておきます…

突然ですが、皆様、タカナ(高菜)お好きですか?
召し上がりますか?

我が家では、一年中、とりあえずあります
それこそ、小さい頃から食卓には当たり前のようにありました…

タカナ(高菜、学名:Brassica juncea var. integrifolia)
越年草で、からし菜の変種
20cm~60cmほどの丈にで成長する
原産地は中央アジアで、シルクロードを通じて中国から入ってきたと言われている
品種や栽培方法によって変化するが、葉や茎は柔らかく辛味がある
辛みマスタードなど同じ成分
主に漬物として食用される
野沢菜、広島菜とともに、日本三大漬け菜に数えられる


(広島菜しらないかも…まぁ、それは置いておいて) 
そんなわけで、天草の実家でも、ほぼ毎年漬けています


この作業がいかに大変かを、ちょっとご紹介してみようと思います
私の帰省する時期(2月)は、タカナの収穫時期です
(自分の家のだけではなく、近所のお家のお手伝いもせねばなりません)

今年は、帰省がおくれ3月となりましたので、「今年は免れられたか!」と
内心少しだけ期待をしておりましたが…甘かった

 

「今年は天気が悪くて高菜の収穫遅れちゃった…」
これ、まえだ母の一声目

私の帰省を待っていたかのような、高菜の成長具合
なんでやろかい
  
まぁ、もう、しょうがないよね、待ってたんだし… (でも、実は、この作業嫌いじゃない)

よっしゃ!がんばっと!ってことで、高菜作業開始

ちなみにこの高菜収穫~漬けるまでは、前田家のやり方であり、
正式なものとは違うかもしれません(イヤきっと違う)…

 

まずは、刈らなきゃね、始まらない

ムリムリ収穫を遅らせた感が出ていました、葉に…(笑)
もちろん、カマを使って手作業で刈っていくんですが、数時間やっていると、
手にはカマダコ(?)ができます(いい運動になります)

刈ったらひっくり返して、天日干しです

数日間のお天気も考慮しないといけないので、刈るタイミングも難しいのです
毎日足を運んで、高菜の向きをずらしたりして1~2日間ほど放置


さてさて、高菜もいい感じ(かどうかわかりませんが)に乾いたので、
運び出します…(これが大変)

  

原始的~

いったい何往復すればいいんでしょうか…

運びだし完了!
残してある1列は、来年のために残し種をとるそうです

  
さてさて、お次は、洗わなきゃいけませぬ!

 
海まで運びましょう!
高菜は、漬ける前に塩水で洗うと美味しくなります

干潮・満潮のタイミングも大切です

 
いくら塩水が美味しくなると言っても、いきなり海で洗う??
まぁ、その辺、細かいことは気にしないようにしましょう

ここが洗うのにベストな場所です

洗う!!

ゴリゴリと扱く!!!

この下のデコボコがちょうどいい

さぁさぁ、休んでる暇はありません!
海を見て感傷にひたっている場合でもありません!


 
(写真撮り忘れましたが)自宅に持って帰り再び天日干しします(1日~2日)
ブルーシート広げて、高菜広げて、、、これまた大変(なんでも大変)
 

そして翌日
やっと漬けるところまできましたよ!
いたんでる葉や、根はこのタイミングで取り除きます 
 
こちらも、数日前に収穫しておいた“とうがらし”(結構辛い)

“高菜のもと”(市販品)なるものと塩と調合します

これを葉と葉の間に塗り込みます

味をしみこますのはモチロンなんですが、しっかり塗らないと傷みます

ここまで来ました
長かった一連の作業も佳境です

ここまで手間をかけても、「今年のは美味しくないね~」となると、
全く食べませんからね…

 
おいしく漬かりますよ~に

和みネタ、お付き合い頂き有難うございました
高菜(他のものも)大切に食べましょう!(私に言われたくない…)

それでは、また月曜日
明日のフロムはお休みです 
 
明日のツアーは、アオリイカの産卵再びねらってきます
まえくみ


←アイランダーのfacebookページのいいねボタンです!押して下さいね!
▼この記事を読んだ感想にもっとも近いボタンを押してください!!
  (皆様の反応が知りたいです。よろしくお願いします。)


(500文字まで)

【名前orあだ名or無記名】







皆様こんにちはまえくみです

早速ではございますが、昨日のフロムに続き、アオリイカです
本日の写真提供はサキちゃんです
有難うございます

 

それでは、早速いってみましょう


2017年5月21日(日) 
感動のアオリイカ産卵ショー IN江之浦Part.Ⅱ
   
 
アオリイカの産卵Show Time

    

Saki  Gallery 
360°アオリイカに囲まれる

江之浦の産卵床は高さがあって、上に下にと見応えがあった

アオリイカ は、地域によって呼び名が違います
バショウイカ、モイカ、ミズイカ、クツイカ…
ちなみに、天草は、“ミズイカ”です 

“シロイカ”と言う呼び名も、地域によってのアオリイカの呼び方だと思っていたんですが、
実はアオリイカは、「シロイカ」「アカイカ」「クワイカ」と3種に分けられるそうです
と言っても、水中での外見からの区別は不可能です(多分)


ですがっっ!!!!!
水中で見分ける方法があるそうです(このこと、つい最近知りました)
 
その方法は、たまご!

そう、たまごを観察する (写真提供 コトローさん)

その識別の仕方は、ズバリ!!
卵嚢の中に含まれる卵の数です

シロイカの卵は、平均5~6個、アカイカは8~9個だそうです
つまり、アカイカの卵の方が長いんですね!

でも、微妙すぎですね、数が…
平均ですし

 
 
産みたてのタマゴは、分かりにくいのですが、、、
だんだんと、エダマメのような形になっていきます(写真提供 TaniGさん)

卵鞘が、分かれてくると数えやすいですね!(以前に撮影したものです)

 

シロイカかな??
今度、しっかり数えてみよう

赤ちゃんが見えるようになると、はっきり数が分かりますね!
(以前に撮影したものです)

シロイカかアカイカ
そんなに重要??

あーーーーーーーそれを言ったらもともこうもありません

 

(写真提供 コトローさん)

卵が孵化するまでは、約25日~30日
ハッチアウトも狙っていきたいです

なんと!!!
メスは1シーズンの産卵で約1000個の卵鞘を産むそうです
1鞘6個の卵が入っているとすると、なんと6000個!!
すごい…

(写真提供 コトローさん)

それでも、生き残れるのは、ほんの一握り
そして、無事に生き延びて成長しても、イカの寿命は約1年…
儚き人生…

 

そんなことを考えながら、アオリイカの産卵をみてると、涙腺崩壊します

ただただ、美しさに感動します…

そして今回初めて、産卵も命がけだということを知った

今回の産卵で目撃した衝撃映像(動画は22日付のフロムにて公開中!)

 

何度見ても、新しい発見がある
何度でも何度でも、感動がある

私にとっては、アオリイカの産卵をみないと、
本格的なダイビングシーズンに入れない、、、という程、重要なシーズンです
ダンゴウオから、アオリイカへ…
水中で季節を感じる、、、初夏の風物詩

まだ見たことないって方は、是非一度見にきてくださいね!

 

 

そして、毎年見ている方も、是非、今年は、、、
この光景、一緒に狙いましょう!!

いま、私が一番狙っている行動パターンは、
 
産卵期、オスはメスの奪い合いで激しいバトルを繰り広げます
これは、アオリイカの産卵を見たことのある方なら知っている行動だと思います
 
驚くのはここからなんですが、
あるオスがいて、仮に自分の左側に意中のメス、自分の右側に宿敵のオスがいたとします
すると、そのオスは自分のカラダの色を右と左でまったく異なる色に変えることが出来るそうです
メスがいる左側は、優しい気持ちを表し、色を変えながら積極的に自分を相手にアピールし、
逆側は、オスに対して、真っ黒になり威嚇しながら、敵意を持っているという表現をするそうです
こんなとき、カラダ半分を境に、左右でまるっきり違う色を表現できるそうです

カラダ ハンブンズツ イロヲカエル!!
 
是非とも、
この行為を自分の目で確認したい


上のストライプ風がオス、下のドット風がメス(背中の模様で区別します)

オスとメスの区別がつくだけで、観察が楽しくなります!(左がオス、右がメスですね!)

生態を知るとアオリイカの産卵も一層楽しくなります!
もちろん、ただ見ているだけでも飽きないんですけどね!


ヤバイな~楽しいなぁ~
(写真提供コトローさん)

“アオリイカの産卵”みたい!!!
たくさんのリクエストお待ちしております

 

ご参加頂いた皆様ありがとうございました
 
2ダイブ時間にすると100分くらい、アオリイカに費やしました

 

ウミウシの多い江之浦だけど、時間が足りなくて本日は2種だけ(笑)
キイロウミコチョウ
 

ヒロウミウシ×3

ギンポもたくさんいますよ~

 
全身出ちゃってる、、、(笑)


う~ん…
今日も、いい一日だった!!!

=============
5月21日(日)江之浦ビーチ
穏やか!ベタ凪!快晴!
アオリイカ(大)爆発
まえくみカウンター アオリイカ66パイ

透明度:15m
水温17~18℃
=============

それでは、また土曜日にお会いしましょう
まえくみ

=========================
見れるときにみておいてくださいね!!
「今ですよ!いま!!」

5月28日(日)アオリイカの産卵狙いツアー
※残席沢山で困ってます
=========================

 
 

オマケ

帰りの車内で、ちょっとしたブームがおきました
コトローさんのトレーニング武器、これを回すのがなかなか難しい、、、

見本!!(回し方のレクチャーつき)

そして、私が!私が!と奪い合う車内…

 
ほほほーーー、余裕~
 
 
「う~ん、、、難しい」とサキちゃん

↓↓↓ 
分析(?)がすごいんですサキちゃん! 30分くらい(?)でクリアー
 
 
「うーん、、、良くわからない」とさなえさん

↓↓↓ 
「う~ん、、、うずかしい」

↓↓↓ 
「もうダメだ!!!!」あきらめた(いさぎよい)
 

そして、、、

「ぜんぜん、出来ないんですけどっ!!!!!」と玲子さん

自他ともに認める(?)負けず嫌いの玲子さん
がんばる、がんばる

もう、腱鞘炎(?)になるくらい頑張る
 

そして、なんと
この武器、コトローさんよりお買取り(笑)

 
 
車内にはしばし鈍い音が鳴り続いたのでした…
 
そして、その音が滑らかなリズム音へと変わるころ、、、
 

アイランダー号は、順調に首都高へと吸い込まれていくのでありました

 
出来た

満面の笑み
私の疲れもとんだ、、、
お疲れ様でした!!!
 
これ、結構いい運動になります
腕がかる~く筋肉痛、、、
 

←アイランダーのfacebookページのいいねボタンです!押して下さいね!
▼この記事を読んだ感想にもっとも近いボタンを押してください!!
  (皆様の反応が知りたいです。よろしくお願いします。)


(500文字まで)

【名前orあだ名or無記名】







皆様こんにちはまえくみです
本日のフロムは、先週の“アオリイカの産卵ツアー”報告をお届けします

もうね、最高でした

毎年このシーズンになるとワクワクします
アオリイカの産卵シーンって何度みても胸があつくなります

「アオリイカ産卵始まりました!」のアナウンスに釣られ、
アオリイカの産卵狙い第1弾は、神奈川県小田原市江之浦へGO!

素晴らしい写真かかなりたくさんあって、もう選べないんデス…
2回にわけてお届けしちゃいます!(本日はコトローさんの写真です)

ドドドドドドッッッッといきますね

 


2017年5月21日(日) 
感動のアオリイカ産卵ショー IN江之浦Part.1


お天気良し、透明度良し、潮良し、水温良し
アオリイカを狙う、最高の条件が揃いました

一番のエントリーを目指す!と活き込んだ今日
期待をこめた皆様の表情が輝いていました


アオリイカの産卵
Show Time
説明不要!
  

KOTORO Gallery

 


あっという間の60分です…

 

スナックパイン! さなえさん有難うございます

ホント気持ちの良いお天気でした!

リロアン前の下焼きに入っているらしい…

まだまだいきます!
PART.Ⅱへ続く…

う~ん、、、気持ちいい

女子トークが弾むのでありました

 

シーズン始まりのアオリイカは、とても綺麗で見惚れます
シーズン終わりのアオリイカは、ボロボロで別の感動があります

威嚇、喧嘩、交接、産卵、生死、、、
1ダイブで、こんなドラマが見られる生物が他にあるんでしょうか…

感動的な映画を見終わった後に残る満足感とか爽快感に似ている
幻想的なアオリイカの姿もあって、どこか現実ぽっくなくて夢の中にいるよう
アオリイカの産卵、言葉で言い表せない感動があります…

 

=============
5月21日(日)江之浦ビーチ
穏やか!ベタ凪!快晴!
アオリイカ(大)爆発
まえくみカウンター アオリイカ66パイ

透明度:15m
水温17~18℃
=============

それでは、また明日
誰が何といおうと、PART.Ⅱへ続く…

まえくみ

 

=========================
見れるときにみておいてください!!「今ですよ!いま!!」
今週のご予定は如何ですか?

5月28日(日)アオリイカの産卵狙いツアー
※残席沢山で困ってます
=========================


←アイランダーのfacebookページのいいねボタンです!押して下さいね!
▼この記事を読んだ感想にもっとも近いボタンを押してください!!
  (皆様の反応が知りたいです。よろしくお願いします。)


(500文字まで)

【名前orあだ名or無記名】







相変わらず、フロムの調子が悪いです
私のパソコンに問題がありそうです、、、
誠に申し訳ございません
早急の原因解明に努めます


本日飛び込んできたビックニュース!!

第一報は、コバさんから!ありがとうございます
コバさんからの連絡をうけ、情報収集に励みましたが、とき既に遅し、、、

幻のメガマウス撮影に成功!千葉館山

メガマウスが見つかった記録は、国内で20例ほど
世界でも100例ほどしかなく、生態なども全く解明されていません
今回、生きたまま捕獲されたことで、世界各国の関係者の間での注目度が高まっている
メガマウスの生態の謎が明らかになる可能性があると専門家は指摘しているそうです


明日見に行こうと思い、現地へ連絡してみましたが、、、

既に「死んでしまった」というご回答でした

 

あーーーーーーーーーーー
一瞬でもいいから水中で見たかった~
泳ぎたかった~ 
うーーん、残念

 

 

海って、本当にすごい
ダイビングやっていて、本当に良かった

 

出会いの可能性がある
無限に広がる夢

いつでも海は希望に満ちている

 

 

 

シーズンですよ
潜りに行きましょう
とりあえず、今週のご予定は如何ですか?
アオリイカの産卵フィーバ中ですよ

5月28日(日)アオリイカの産卵狙いツアー
※残席沢山で困ってます

=========================

 
それでは、また明日
まえくみ

 

明日のフロムは予定を変更して、素晴らしかった先週の海
旬な“アオリイカの産卵”狙いツアー報告をお届けします

 


←アイランダーのfacebookページのいいねボタンです!押して下さいね!
▼この記事を読んだ感想にもっとも近いボタンを押してください!!
  (皆様の反応が知りたいです。よろしくお願いします。)


(500文字まで)

【名前orあだ名or無記名】




  • カレンダー

    2017年6月
    « 5月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • メール通知設定

    Fromアイランダーが更新 されたらメールを受け取る 設定はこちら