皆様こんばんはまえくみです
昨日は、福浦に行ってきました
見納めダンゴウオと初めての昆布狩り!
なかなか楽しかったです(ご報告は、近日中に!)


本日は、4月21日(日)の真鶴ツアーのご報告です
先に、アップしました“エンゼルダンゴ”の続きです
番外編!今年は見れないと思っていた!4月21日(日)真鶴2ビーチ


まえくみは随分と騒がしいけど、そもそもエンジェルダンゴってなにー?
と言う方もいらっしゃると思いますので、少しだけ…

『天使のダンゴウオ(エンジェルダンゴ)または(エンゼルダンゴ)』
ダイバーのアイドル魚として君臨する“ダンゴウオ”
カサゴ目カジカ亜目
北半球の冷たい海に分布し、ダンゴウオ、ホテイウオなど6属28種が属する
丸みを帯びた独特の体型と、体表を覆う無数の突起、および吸盤状に変形した腹鰭が特徴で、大きさは、成魚でも2~3㌢程度、幼魚は豆粒サイズ
生まれたばかりのダンゴウオは、数ミリ程度しかなく、出会える機会も少ない

頭に白い模様が浮き出ていて、その白い模様が輪っかに見えることから、ダイバーの間では、“天使”や“エンジェルダンゴ”と呼ばれ、アイランダーでは色々とあって今後、“エンゼルダンゴ”と呼ぶ(ことにした)
頭の輪っかが見られるのは、生まれてから10日間程度と大変短い
もともと個体数も少なく、居場所も定着しない為、大変貴重な出会いとなります

伊豆半島(神奈川)でのシーズンは、だいたい年明けから5月上旬位までで、ピークは、例年だと2月~3月
水温は~18℃までで、水温の上昇とともに深場へと旅立っていくようです
(生態においても、まだまだ分かっていないことが多い魚です)

また来年会えますように…


4月21日(日)真鶴2ビーチ
“エンゼルダンゴ”に“ノーマルダンゴ”&可愛い生物たち!

真鶴の琴が浜ビーチは、アイランダーで一番潜っているポイントかもしれません
決して派手さはないポイントだけど、潜れば潜るほど良さの分かるポイント
ダイビングの魅力は様々で、間接的なことも含めたくさんあると思います
そんな中で、真鶴の海に潜ると毎回感じるのことは、他の海より水中での時間がゆっくりと過ぎるという事
水中に入ると、必ず目にするものでも、普通すぎてスルーしてしまうものでも、何故か真鶴だと目に留まる
上手く言えないけど、そういった普通の魅力や、普通に海に潜れることの有難さを一番感じられる場所
だから、落ち着く…

と、まぁ前置きはその位にしておいて、皆さんの素敵な写真を、ドドドッッと載せておきますねー

豪華な本日の水面休息!皆さん沢山の差し入れありがとうございます

こちらは、久しぶりに見た、ネコザメ赤ちゃん
みなっちさんが捜索してくれた!
 AYA-SAN
 
ダンゴウオ大きくなりました!(1cm)
 AYA-SAN
 
先週コトローさんが捜索してくれた子(4㎝)
 AYA-SAN
 
この子は、大きかったなぁ~(1.5cm強)
 AYA-SAN

なかなか撮れない正面顔!かわいー
Saki-chan
 
黒に白い模様がなんともカワイイ!“イロカエルアンコウ”
Saki-chan

 
白いエスカ(疑似餌)が目立つ!ボンボリみたい!
Saki-chan
 
エンゼルダンゴは文句なしにもちろん可愛い!
大きくなると表情が見えてこれまた可愛い!
Saki-chan
 
ネコザメは、卵の中で約1年かけて成長し約18cmで孵化する(多分この子は産まれたばかり)

この時期としては、上々の透明度10m
海も穏やかで、お天気もまずまず、水中は明るく気持ち良かったです
水温17℃、潜水時間内緒

エンゼルダンゴ、ネコザメ赤ちゃんと興奮した一日
楽しい海でした

ご参加頂いた皆様有難うございました&お疲れ様でした

それではまた明日
まえくみ


←アイランダーのfacebookページのいいねボタンです!押して下さいね!
▼この記事を読んだ感想にもっとも近いボタンを押してください!!
  (皆様の反応が知りたいです。よろしくお願いします。)


(500文字まで)

【名前orあだ名or無記名】