ダイビングフィンの劣化に纏わる考察




まつぞうです!こんばんは。
昨日は急な雨に降られて大変だった方も居たんではないでしょうか。
 
急に昼なのに真っ暗になって滝のような雨が降る。
そこに閃光と共に激しい落雷の音。
僕はこんな時に決まって、緊張と共に精神の高揚を感じます。
感覚が鋭くなると言うか、心地よいドキドキ感に包まれます。
 
僕らがまだ自然と共に暮らしていた頃、こういう天候の急変は命に関わる出来事であったかもしれません。
先祖代々から脈々と受け継いだこの血が、すぐに如何なる出来事にも備えられるよう身体が反応しているんですかね。
それとも僕だけなんですかね。
こういう天候の激変に気分が高揚するのは。
 
まあそれはそれとして。
明日はムシムシと暑く、夕方以降からは雨が降る予報ですよ。
夜遅くなる方は折りたたみの傘を持ち歩くと便利ですよ~
 
さて二つのフィンを見比べてみてください。
元々は真っ白なフィンだったんですよ。
これはいわゆるビフォーアフターです。
 
前田がかなり前にTVのロケで中国の浙江省杭州にある千島湖にフィンを片方落としてしまったんです。
そこで落としてしまったフィンと同じものを新しくおろして一個は冷暗所に大切に保存しておいたものです。
 
びっくりですよね。
こんなに色が変わってしまうとは。
多分3~4年経っているでしょうか。
 
そういえばその昔僕がパプアニューギニアに行ったときに遠い異国の地から未知のカビを持ち帰ってしまいまして。
そのカビはゴムやらシリコンが大好きで、いくら洗おうが擦ろうがダイビング器材のゴムやシリコンの使われている部分が真っ黒になると言う恐ろしいカビでした。
一緒に入れておいた無事だったフィンも一ヶ月も一緒に入れておくと真っ黒になります。
 
カビも恐ろしいですが、同じ日におろしたフィンがこんなにも色が変わってしまうなんて。
驚きですよね。
 
表も見てみましょうか。
まるで元から違う色を買った位になるんですね。
 
フィンって使わないとこんなに色が劣化するんですね。
、、、
もう一度言いましょうか。
フィンって使わないとこんなに色が劣化するんですね。
そうなんです。
クリーム色に近いほう、大切に使わず冷暗所に保存していたほうです。
2度びっくりって感じですよね。
 
まつぞうでした。

アイランダー公式スマートフォンアプリダウンロードは上から↑

このエントリーをはてなブックマークに追加
facebookにシェアする
 

←アイランダーのfacebookページのいいねボタンです!押して下さいね!
▼この記事を読んだ感想にもっとも近いボタンを押してください!!
  (皆様の反応が知りたいです。よろしくお願いします。)


(500文字まで)

【名前orあだ名or無記名】


  • カレンダー

    2017年10月
    « 9月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • メール通知設定

    Fromアイランダーが更新 されたらメールを受け取る 設定はこちら